FreeBSD Daily Topics

2014年1月22日 FreeBSD 10.0-RELEASE新機能と変更点の説明会,1月31日(金) IN 東京

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Update

FreeBSD 10.0-RELEASE

2014年1月21日,最終的なリリーススケジュールの日程通りに次世代メジャーバージョンとなる「FreeBSD 10.0-RELEASE」が公開されました。amd64版,i386版,ia64版,powerpc版,sparc64版のインストーライメージが提供されているほか,Amazon EC2でもFreeBSD 10.0-RELEASEのAMIの提供がはじまっています。FreeBSD Updateによるバイナリアップデートが可能で,手軽に最新版へアップグレードできます(ただしFreeBSD Updateする場合にはEN-13:04.freebsd-updateおよびEN-13:05.freebsd-updateに関しては先に対処しておく必要がある)⁠

FreeBSD 10.0-RELEASEで導入された新機能は多岐にわたります。代表的なところに絞っても10~20くらいの新機能については言及する必要があるでしょう。また,ベースシステムからBINDが削除されるなど,いくつか気をつけないといけない変更点があります。

代表的な新機能は次のとおり。

  • 次世代パッケージ管理システムpkg(8)
  • 次世代ハイパーバイザ/仮想環境基盤 BHyVe
  • BINDをベースシステムから廃止/UnboundとLDNSの導入と活用方法
  • GCCをベースシステムから廃止/LLVM Clangの導入
  • Amazon EC2デフォルト対応/Microsoft Hyper-Vデフォルト対応
  • ZFS機能強化(LZ4とその効果,L2ARC圧縮による性能向上,NOP Write最適化,SSD対応,今後の開発方針,インストーラにおけるZFS on ルートファイルシステム対応など)
  • オンラインでファイルシステムを拡張できるUFS growfs(8)
  • 新しいカーネルレベルiSCSIターゲット/イニシエータ
  • ファイアウォールpf(4)マルチコア対応
  • ファイアウォールipfw(8)機能強化
  • マルチコア/メニーコアで性能向上 Unmapped VMIOバッファ
  • 高速ネットワーク通信機能NetMap
  • DTraceをデフォルトで有効化
  • Capsicumをデフォルトで有効化

study

第25回 FreeBSD勉強会

今回紹介した10.0Rの新機能や変更点について解説する勉強会を今月末となる2014年1月31日(金)に東京で開催します。

勉強会第25回 FreeBSD勉強会
~FreeBSD 10.0-RELEASE 新機能紹介と変更点解説~
開催日時2014年1月31日(金)19:00~21:30(18:30開場)
開催場所KDDIウェブコミュニケーションズ会議室(東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館)
参加費用2,000円 当日現金払い(領収書は出ません)
参加申込http://atnd.org/events/45718)

東京以外の開催として大阪と名古屋での開催も予定しています。日程は明らかになり次第ご報告いたします。参加を希望する方は上記URLから参加表明をお願いいたします。

発表のあとはその場で簡単な懇親会を開きます。軽いつまみとアルコール類は用意しますが,お好きなお酒の持ち込みも大歓迎です。1年のはじまりはFreeBSD勉強会で :)

コメント

コメントの記入