Linux Daily Topics

2018年5月14日 「CentOS Linux 7.5」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CentOSのプロジェクトリーダーを務めるKaranbir Singhは5月10日(世界標準時)⁠CentOS Linuxの最新版となる「CentOS Linux 7 (1804)」のリリースを発表した。クローン元である「Red Hat Enterprise Linux 7.5」に準拠したリリースで,前バージョンの「CentOS Linux 7.4 (1798)」からは約8ヵ月ぶりのアップデートとなる。

[CentOS-announce] Release for CentOS Linux 7 (1804) on x86_64 aarch64 i386 ppc64 ppc64le
CentOS-7 (1804) Release Notes

CentOS 7.5の対応アーキテクチャは以下の6つとなっている。

  • 32-bit(i386)
  • 64-bit(x86_64)
  • ARM64(AArch64)
  • PowerPC 64-bit Little Endian(PPC64el)
  • PowerPC 64-bit(PPC64)
  • RMhf

CentOS 7.5は4月10日にリリースされたRHEL 7.5の機能に準じており,カーネルはLinux 3.10.0-862がベースとなっている。また,⁠Automatic Bug Reporting Tool(ABRT)⁠をサポートしたことで,バグ報告を「bugs.centos.org」に直接レポートできるようになっている。

今回のリリースノートでは「CentOS Linux 7.5」ではなく,タグ番号を添えた「CentOS-7 (1804)」とのみ表記されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入