Linux Daily Topics

2018年8月7日 Windows互換の「ReactOS」Btrfsからの起動が可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows NTとのバイナリ互換をめざして1996年にスタートし,現在もWindows互換OSとして開発が続けられているオープンソースプロジェクトReactOSがこの夏,新たなマイルストーンに到達しつつある。7月29日付けでReactOSプロジェクトの開発者「extravert34」が投稿したブログによれば,⁠Google Summer of Code(GSoC)⁠ 2018」のプロジェクトとして取り組んでいたReactOSのBtrfsパーティションからの起動が可能になり,安定した状態に入っているという。⁠ReactOS公式の立場を代表するものではない」と但し書きされているものの,順調に開発が進めば次回以降のリリースで正式に取り入れられることになりそうだ。

GSoC 2018 - booting from BTRFS works! - extravert34's blog

BtrfsはLinuxでのみ使われているファイルシステムであり,Windowsには実装されていない。Windowsで利用できなかった最大の理由は,Btrfsが大文字と小文字を判別する"case-sensitive"なファイルシステムであるからで,たとえば「/ReactOS/System32」⁠/reactos/system32」⁠/reactos/system32」⁠/ReactOS/system32」をすべて異なるパスとして理解する。だがWindowsではこれらはすべて同じ場所として扱われるため,検索などで不具合が生じてしまう。この問題を解決すべく,ReactOSプロジェクトでは「WinBtrfs」というドライバを開発し,実装を試みてきた。だがReactOSのブートローダー「FreeLoader」はWinBtrfsとの親和性が低く,その原因はFreeLoaderだけではなくVirtualBoxのバグにも関係してくるため,デバックが完了するまでにかなりの時間を要したという。

7/29時点でFreeLoaderおよびVirtualBox関連のバグはほぼ解決しており,さらにデスクトップ上でBtrfsボリュームからReactOSを起動しようとすると発生するエラー(STATUS_ACCESS_VIOLATION)がWinBtrfsのバグに起因することが判明し,これを修正したことにより,現在では非常に安定した状態でBtrfsからの起動が実現しているという。いくつかの課題はまだ残っているが,これからの進捗が大いに期待できそうだ。

ReactOSの画面,Btrfsが起動ドライブとなっているextravert34's blogより)

ReactOSの画面,Btrfsが起動ドライブとなっている(extravert34's blogより)

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

  • Re:

    winbtrfsがReactOSプロジェクト配下で開発されているととれるような書き方だが両者は無関係

    Commented : #1  _ (2018/08/09, 21:31)

コメントの記入