Linux Daily Topics

2018年8月9日 LibreOffice 6.1がリリース ―Windowsユーザ向けの新アイコンテーマ「Colibre」,データベースエンジンにFirebird採用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Document Foundationは8月6日(ドイツ時間)⁠オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 6」ファミリにとって2つめのメジャーアップデートとなる「LibreOffice 6.1」の一般提供を開始した。対象となるプラットフォームはLinux,Windows(Windows 7 SP1以上)⁠macOS(macOS 10.9以上)となっている。

The Document Foundation announces LibreOffice 6.1, a major release which shows the power of a large and diverse community of contributors - The Document Foundation Blog

多くの機能が新たに追加されているLibreOffice 6.1だが,もっとも注目されるのはWindowsユーザ向けに新たに追加されたアイコンテーマ「Colibre」だ。The Document Foundationのデザインチームに所属するボランティア開発者のAndreas Kainzがスクラッチから開発したアイコン集で,Microsoftが示すアイコンデザインのガイドラインをベースにしており,Microsoftのデスクトップ環境に慣れたユーザにとって親和性の高いデザインとなっている。

もうひとつ,Colibreとともに新たに加わったアイコンテーマに「Karasa Jaga」がある。Karasa JagaはもともとインドネシアのLinuxディストリビューション「Sundara OS」で使われているデザインで,すでにディスコンになった「Oxygen」のアイコンスタイルに影響を受けて開発された。なお"Karasa Jaga"とはスンダ語で"未来を感じる(feel the future)"を意味する。

ColibreとKarasa Jaga(⁠The Document Foundation Blogより)

ColibreとKarasa Jaga(The Document Foundation Blogより)

その他,LibreOffice 6.1におけるおもなアップデートは以下の通り。

  • 「Draw」コンポーネントの新しいメニューとして「Page」が追加,異なるモジュール間においてもユーザエクスペリエンスを維持
  • データベースフロントエンド「Base」のデフォルトデータベースエンジンにFirebirdを新たに採用,これまで使われてきたHSQLDBは非サポートに
  • 「LibreOffice Online」におけるユーザインタフェースなど大幅な改善
  • EPUBエクスポートフィルタの改善(メタデータのカスタマイズオプションなど)
  • オンラインヘルプページのコンテンツがリッチになり,ローカライズが容易に

なおThe Document FoundationはLibreOffice 6.1を「bleeding edge」⁠つまり最先端の機能を多く実装しているが,アルファリリース的な存在であり,パワーユーザやアーリーアダプタに適したバージョンとして位置づけており,企業ユーザなどに対してはLibre Office 6.0の利用を推奨している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入