Linux Daily Topics

2018年9月25日 Linux 4.19-rc5がリリース,Linus以外の手によるはじめてのリリース候補版

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Greg Kroah-Hartman(GKH)は9月23日,次期Linuxカーネル「Linux 4.19」の5本目となるリリース候補(RC)版の公開をLKML.orgに投稿した。奇しくもLinus Torvalds以外のカーネルメンテナーが統括して公開するRC版としては初となる。

Linux 4.19-rc5 -Greg KH

Linus Torvaldsがみずから「いままでの態度を改める」と宣言し,その反省と休養のために一時的にカーネル開発から離脱してからちょうど1週間後のRC版公開となったが,GKHは「たしかにソーシャルな観点からいえば"興味深い"1週間ではあったかもしれない。でもテクニカルサイドから見れば,RC4はまったくもってノーマルだ」とコメントしており,世間の騒ぎとは対照的に,カーネル開発そのものには大きな混乱がなかったことを示している。

GKHは「いつもどおり,⁠RC版を)入手し,テストしてほしい。そしてもしなにかテクニカルな面で修正すべきものが直っていないのであれば私に知らせてほしい」と呼びかけたあと,自分の署名として「greg "keeping the seat warm for a few weeks" k-h」として著している。"keep the seat warm"には「一時的に,または代理で,その座に就く」という意味があるが,今回のGKHは文字通り,Linusが帰ってくるまでの数週間,⁠Linusの席をあたためて待っている」という状態だといえそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入