Linux Daily Topics

2018年9月27日 Fedora 29ベータ版が公開,「Silverblue」エディションも登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Fedora Projectは9月25日(米国時間)⁠10月末に正式リリースが予定されているFedora 29のベータ版「Fedora 29 Beta」の公開を発表した。LinuxカーネルにはLinux 4.18.10,デフォルトのデスクトップ環境にはGNOME 3.30が採用されている。

Announcing the release of Fedora 29 Beta -Fedora Magazine

Fedora 29 Betaにおける注目点として,エディションとして新たに「Silverblue」が追加されたことが挙げられる。Silverblueはもともと「Fedora Atomic Workstation」と呼ばれていたWorkstationエディションの派生プロジェクト(SIG)をリブランドしたもので,コンテナベースのワークフローとロールバックによるイミュータブル(immutable)な環境をデスクトップユーザに提供することをゴールに掲げている。ベースとなっているテクノロジはFlatpak(アプリケーションコンテナ)とGNOME(デスクトップ環境)で,コアにはハイブリッドなパッケージ/イメージシステム「rpm-ostree」が実装されている。rpm-osstreeにより,イミュータブルなOSイメージの提供およびアップデート,そして容易なロールバックが実現している。

Team Silverblue
Hybrid image/package system with atomic upgrades and package layering - Github

また,もうひとつのハイライトとして,Fedora 28ではサーバエディションだけに提供されていたモジュラー機能が,Fedora 29 Betaではすべてのエディションで利用可能となっている。

Fedora 29の正式リリースは10月30日が予定されているが,順調に進めば,カーネルには現在開発中のLinux 4.19が採用される見込みだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入