Linux Daily Topics

2018年11月1日 「Fedora 29」が正式リリース,モジュラリティを完全実装

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedora Projectは10月30日(米国時間)⁠⁠Fedora 29」の正式リリースを発表した。デスクトップ版の「Workstation」⁠サーバ版の「Server」のほか,Kubernetes/コンテナ利用に特化した「Atomic Host」⁠KDEやMATEなどGNOME以外のオルタナティブデスクトップ環境をサポートする「Spins」⁠天文学やデザイン,サイエンスなど特定の用途にフォーカスした「Labs」⁠クラウド環境のベースイメージ「Cloud」⁠ARMベースのマシン向けイメージ「ARM devices」といったエディション/イメージが用意されている。

Announcing the release of Fedora 29 - Fedora Magazine

Fedora 29の最大の特徴について,プロジェクトリーダーのMatthew Millerはモジュラリティ(Fedora Modularity)の完全実装を挙げている。これにより,ユーザはそれぞれのニーズに応じてアプリケーションパッケージのアップグレードを行うことが可能になる。たとえば同じFedora 29でNode.jsを使うケースでも,バージョン8で十分なユーザもいれば,バージョン10が必要なユーザもいる。またベースのOSはつねに最新版に自動でアップグレードしたいが,特定のアプリケーションはアップグレードせずに同じバージョンで使いたいというニーズもある。モジュラリティの実装により,そうした個々のニーズへの柔軟な対応が可能になる。

Fedora 29のカーネルにはLinux 4.18,デフォルトのデスクトップ環境にはGNOME 3.30が実装されている。Fedora Projectは最初のリリースである「Fedora Core 1」の登場から15年が経過したが,MillerはFedora 29を「これまでで最高のオペレーティングシステム」と評している。次のバージョンである「Fedora 30」ではIoTエディションも追加される予定だが,こうした最先端のテクノロジを果敢に取り入れていくFedoraの開発スタイルが,IBMによるRed Hat買収完了後も続くことを願うばかりだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入