Linux Daily Topics

2018年12月10日 Fedoraプロジェクト,Fedora 30からデフォルト暗号化ソフトを「GnuPG 2」に変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは12月4日,2019年5月にリリース予定の次バージョン「Fedora 30」において,デフォルトのGPG実装をこれまで採用してきた「GnuPG 1(gpg1)⁠から「GnuPG 2(gpg2)⁠へと変更することを明らかにした。

Changes/GnuPG2 as default GPG implementation -Fedora Project

現在,メジャーなLinuxディストリビューションのほとんどは,デフォルトの暗号化ソフトウェアとしてGnuPG 2を採用しており,GnuPG 1はパッケージングすらしていないものも多い。これに対しFedoraは「/usr/bin/gpg」にリンクされている暗号化ソフトはずっとGnuPG 1のままだった。今回の決定により,Feodra 30からは他のディストリビューションと同様に最新のGnuPG 2がパッケージングされることになる。

ただしFedora 30ではGnuPG 1を使い続けてきたユーザを考慮し,"クラシックGPG"としてGnuPG 1をひき続き利用可能な状態にしておく予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。