Linux Daily Topics

2018年12月25日 Linusからクリスマスプレゼント! 「Linux 4.20」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは12月23日(米国時間⁠⁠,当初の予定通り「Linux 4.20」の公開を発表した。⁠先週は期待していたほど静かな1週間ではなかったけど,4.20のリリースを遅らせるほどの問題は見当たらない」⁠Linus)として,無事にクリスマス休暇前のリリースを果たしている。

Linux 4.20 released.. -Linus Torvalds

Linux 4.20では数多くのハードウェアが新たにサポート,または拡張されており,AMDの2つのAPU「AMD Picasso APU」⁠AMD Raven 2 APU⁠⁠,⁠AMD Vega 20」⁠Intel Icelake Gen 11」など次世代GPU,AMD Zenをベースにした中国製CPU「Hygon Dhyana⁠⁠,Alibabaが買収した中国製組み込みチップ「C-SKY 32-bit CPU⁠⁠,次世代ハイエンドSoC「Qualcomm Snapdragon 845 SoC」などが挙げられる。また,Intelの2.5G Ethernetコントローラ「Foxville」やサウンドカード「Creative Soud Blaster ZxR」などのサポートも追加されている。

また,Linux 4.20における目玉ともいえるのがピアツーピア(peer-to-peer)のPCI/PCIeメモリサポートだ。PCIデバイスの中にはBAR(Base Address Register)空間内に割り当てられたメモリをピアツーピアトランザクションに使用するものがあるが,Linux 4.20ではDMAインタフェースを提供することでこれをサポートする。このサポートにより,たとえばNICからSSDストレージ,または複数のGPU間でデータをダイレクトにコピーすることが可能になる。

LinusはすでにLinux 4.21のマージウィンドウをオープンしており,すでに早めのプルリクエストが手元に届いているという。メッセージの最後の「Have a Merry Christmas or other holiday of your choice.」の言葉通り,今年最後のカーネルをクリスマスプレゼントとして届け終わり,年末年始の休暇を過ごしてから,次のLinux 4.21が本格的に始動する。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。