Linux Daily Topics

2019年2月21日 Fedora,中国発プロジェクト「Deepin Desktop Environment」をベースにDebianデスクトップ環境を移植へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2019年4月下旬の「Fedora 30」正式リリースに向けてさまざまな活動が活発化しているFedoraプロジェクトだが,デスクトップ関連でも新しい動きが起こっているようだ。現在,Zamir SUNとBowen Liという2人の開発者が中国製Linuxディストリビューション「Deepin」のデスクトップ環境「Deepin Desktop Environment」をFedoraに移植するプロジェクトを進行中だ。DeepinはDebianベース,そしてDeepin Desktop EnvironmentはQtベースで構築されているので,プロジェクトが順調に運べばFedoraにDebianベースのデスクトップ環境が移植されることになる。

Changes/DeepinDE - Fedora Project Wiki
Desktop Environment - Deepin Technology Community
Deepin Technology Community

DeepinおよびDeepin Desktop Environmentは中国のWuhan Deepinが開発するオープンソースプロダクトで,Wuhan DeepinはThe Linux Foundationのシルバーメンバーでもある。DeepinはOS/デスクトップともに"エレガントで使いやすい"環境を目指しており,中国のオープンソース界隈では人気の高いプロダクトとして挙げられる。Fedoraは今回の移植プロジェクトについて「Deepin Desktop Environmentは新しいタイプのイケてるデスクトップ環境を好むユーザにとって,Fedoraをより魅力的な存在にしてくれるだろう」と語っており,Fedora 30での実装を目指すとしている。メジャーなLinuxディストロにおける数少ないユニークなデスクトップ関連の動きとしても注目したい。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。