Linux Daily Topics

2019年4月11日 DebianベースのラズパイOS「Raspbian」がアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Raspberry Pi Foundationは4月8日,Raspberry Piデバイスに対応したDebianベースのオペレーティングシステムRaspbianをアップデート,⁠Raspbian 2019-04-08」として3つのパッケージを公開した。

Download Raspbian for Raspberry Pi

アップデートされたRaspbianパッケージは,デスクトップ版+推奨ソフトウェアがパッケージされた「Raspbian Stretch with desktop and recommended software」⁠デスクトップイメージの「Raspbian Stretch with desktop」⁠最小イメージの「Debian Stretch Lite」の3つで,いずれもDebian Stretch(Debian 9)およびLinux 4.14をベースにしている。

今回のアップデートでは,Webブラウザの「Chromium 72」やメディアプレーヤーの「VLC 3.0.6」⁠⁠Adobe Flash Player 32.0.0.156」などのコンポーネントが含まれている。

また,PixmanやSDL(Simple DirectMedia Layer)といったライブラリのパフォーマンス向上が図られたほか,新ツールとしてネットワークの接続状態を確認する「Ethtool」⁠乱数ジェネレータの「RNG-Tools」などが追加されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。