Linux Daily Topics

2019年5月8日 Fedora 30がリリース ―Linux 5.0 & GNOME 3.32を実装

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは4月29日(米国時間⁠⁠,⁠Fedora 30」の正式リリースを発表した。提供されるエディションはデスクトップ版の「Fedora Workstation」とサーバ版の「Fedora Server」のほか,GNOME以外のデスクトップ環境に対応した「Fedora Spins⁠⁠,サイエンスやゲームなど特定の用途に特化した「Fedora Labs⁠⁠,IoTに特化した「Fedora IoT」など。またARMやPowerなど特定のアーキテクチャをサポートするイメージも用意されている。なお,従来の「Fedora Atomic Host」⁠コンテナ環境に特化したエディション)をリプレースする「Fedora CoreOS」の正式提供は,今回のリリースでは見送られている。

Announcing the release of Fedora 30 -Fedora Magazine
Get Fedora

Fedora 30ではカーネルにLinux 5.0,デフォルトデスクトップ環境にGNOME 3.32を採用しており,主要なソフトウェアとしてはほかにGCC 9,Bash 5.0,PHP 7.3,OpenJDK 12などのアップデートが行われている。

サーバ版では新たにAnsibleのRoles機能をベースにした「Linux System Roles」が実装されており,メール(Postfix)やネットワーク(Network⁠⁠,セキュリティ(SELinux)といった重要なサブシステムに対してつねに一貫したインタフェースを提供,コマンドラインによる呼び出しよりも容易な構成管理が実現する。

なお,Fedoraの開発元であるRed Hatは5月7日(米国時間)から年次カンファレンス「Red Hat Summit 2019」を米ボストンで開催しており,Fedoraブースも設けられる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。