Linux Daily Topics

2019年5月31日 Fedora,RPMパッケージの圧縮アルゴリズムをxzからZstdに変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

リリースされてからちょうど1ヵ月が経過した「Fedora 30」だが,プロジェクトチームはすでに次期リリース「Fedora 31」に向けて数多くのアップデートを検討中だ。その中でも比較的大きな動きとして,RPMパッケージの圧縮アルゴリズムを長年使ってきたxzからZstdへと変更する可能性が強くなってきている。

Changes/Switch RPMs to zstd compression -Fedora Project Wiki

この提案を行ったのはRed Hatでプリンシパルソフトウェアエンジニアを務めるDaniel Machで,現在,バイナリRPMの圧縮に使われているxz(レベル2)をZstd(レベル19)に変更することで,解凍時に劇的なパフォーマンス向上が見込めるという。MachはFirefoxパッケージ(firefox-66.0.5-1.fc30)のリビルドをテストした結果を挙げており,xzで圧縮したパッケージを解凍した場合に要した時間は一時ファイルシステム(tmpfs)で8秒,NVMe上のext4では11秒だったが,Zstdではtmpfsで2秒,ext4で4秒まで短縮することができたとしている。解凍のパフォーマンスが上がれば,パッケージのインストールやアップグレード,さらにはコンテナのビルドも高速化されることになり,スピーディな環境構築が実現しやすくなるメリットがある。また,パッケージの圧縮率が高くなれば,リポジトリを置くミラーサイトの帯域幅も負荷が軽減されることになる。

Fedoraは2018年5月にリリースした「Fedora 28」⁠5月28日をもってEOLからZstdをサポートしているため,Fedora 28以降のバージョンにアップデートしているユーザであればこの変更による影響はない。今秋リリースされるのFedora 31での実装を目指し,これからテストが重ねられる予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。