Linux Daily Topics

2019年8月14日 Linuxメディア配布サイト「OSDisc.com」,16年の歴史に幕

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

いまでこそOSのダウンロードやアップデートはインターネット経由で行うのが一般的だが,15年ほど前まではOSに限らず,大容量のデータをネットから落とすには回線スピードをはじめとするさまざまなハードルがあった。高速なインターネット環境が誰もが利用できるようになるまでは,ネットの遅さを補完するサービスとして,CDやDVD,あるいはUSBドライブなどのメディアにデータを焼いて配布するプロバイダがいくつか存在していた。Ramsey Brennerが創立したOSDisc.comもそうしたサービスを提供していた事業者のひとつだ。8月5日,Brennerはサイトのトップページに「OSDisc.com Has Closed」というメッセージを掲載,16年間の歴史に幕を下ろすことを明らかにした。

「私は16年前,Linuxを普及させ,新しいユーザがLinuxの世界に入りやすくなることを願って,OSDiscを立ち上げた。しかしいまとなっては(OSを焼いた)DVDを配布したとしても,それがLinuxの普及に影響を及ぼすことはほとんどない。何万もダウンロードされているディストロがあっても,そのディストロがOSDiscから提供されることもほとんどなくなった。現在,Linuxユーザの大多数は自分でLinuxをダウンロードしている。そしてそれは素晴らしい光景である」―インターネットから誰もが簡単にOSがダウンロードできるようになることこそ,Brennerが見たかった世界であり,物理メディアによる配布はもうその使命を終えたとして,サイトの閉鎖に至ったとしている。

この16年でOSDiscが成し遂げた功績として,Brennerは以下を挙げている。

  • 30万以上のディスクおよびUSBドライブの発送
  • 11万人以上の新規Linuxユーザのヘルプ
  • 2万5000以上の技術サポートチケットへの回答
  • オープンソースコミュニティへ20万ドルの還元

テクノロジが洗練されるとそれに付随した新しいサービスが生まれ,過去のリソースにひもづいていたサービスは使われなくなる。16年間に渡っても多くの実績を残したOSDiscも,時代とともにひっそりとその役割を終えたようだ。

OSDisc.comにアクセスすると表示されるRamsey Brennerからのメッセージ

Ramsey Brennerからのメッセージ

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。