Linux Daily Topics

2019年9月19日 Fedora 31 Betaが公開,32ビットアーキテクチャとは完全に決別へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

FedoraプロジェクトリーダーのMathew Millerは9月17日(米国時間⁠⁠,⁠Fedora 31 Beta」を公開したことを発表した。デスクトップ版「Fedora 31 Beta Workstation⁠⁠,サーバ版「Fedora 31 Beta Server」のほか,KDEなどGNOME以外のデスクトップ環境を収録した「Fedora Spins⁠⁠,化学計算やコンテンツ作成など特定の用途向けの「Fedora 31 Beta Labs⁠⁠,Raspberry PiなどのARMデバイスに特化した「Fedora 31 Beta ARM」も提供されている。

Announcing the release of Fedora 31 Beta -Fedora Magazine

Fedora 31 Betaのカーネルには9月15日にリリースされたばかりのLinux 5.3またデフォルトのデスクトップ環境には9月12日にリリースされたGNOME 3.34がそれぞれ実装されている。

Fedora 31からの提供が予定されている「Fedora IoT」エディションに関しては,⁠正式リリースでは(デスクトップ版やサーバ版を提供している)メインの"Get Fedora"サイトから提供できる予定」⁠Miller)だが,現時点ではまだメインサイトには統合されておらず,別プロジェクトとして扱われている。また,旧CoreOSの資産をベースにしたコンテナネイティブなエディション「Fedora CoreOS」はまだプレビュー段階にあり,一般提供が開始されるのは2020年前半とされている。

なお,FedoraプロジェクトはFedora 31から32ビットアーキテクチャ(i686)のサポートを終了することを決定しており,今回のFedora 31 Betaにはi686のイメージおよびリポジトリはいっさい含まれていない。

Fedora 31の正式リリースは10月後半(10月22日か10月19日)が予定されており,Millerは開発者/ユーザに向けてベータ版でのテスト協力を呼びかけている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。