Linux Daily Topics

2020年1月10日 Don't use ZFS ―Linus,ZFSをマージしない姿勢をあらためて強調

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

「Don't use ZFS. ―ZFSは使わない。その理由はシンプルだ。ZFSはこれまでずっと,バズワード以上の何物でもなく,そして実感するのだけど,例のライセンシング問題は僕にとってZFSを価値のない存在と思わせるだけだ」

1月6日,IT業界に特化したオンラインメディア「Real World Tech」のフォーラムで繰り広げられたあるスレッドにて,Linus TorvaldsはZFSをメインラインにマージする予定がないことをあらためて明確に主張している。

Do not blame anyone. Please give polite, constructive criticism By: Linus Torvalds -Real World Technologies -Forums

もともとはLinuxカーネルのスケジューラに関する議論から派生したトピックで,Linusが「LinuxにおけるNo.1プライオリティは既存のユーザ(環境)を破壊しないことだ」とコメントしたことに対し,Gionatan Dantiというユーザが「その方針は理解できるけど,ZFSという重要なサードパーティを破壊(break)するような最近のカーネルの変更に関しては疑問がある」と反論,これに対しLinusが自身のZFSへの見解を明らかにしている。

Linusはまず"break"という言葉の定義について「覚えておいてほしいんだけど,"we dont't break users"というのは,文字通りユーザスペースのアプリケーションを破壊しないということであり,同時にカーネルのメンテナンスを維持し続けるということだ」と明言,ZFSのようなモジュールに使う言葉ではないとしている。

さらに,今後のZFSの扱いについては「Oracleの正式なリーガル担当者が署名したオフィシャルレターが届くか,もしくはラリー・エリソン自身が⁠ああ,いいよ,手続きを進めよう⁠といってZFSをGPLにするか,そういう事態でも起こらないかぎり,僕はZFSに関するいかなる成果もマージしない」と強調,つづけて「ZFSのコードやインタフェースを取り入れたければ,個々の環境(ディストリビューションなど)で好きにやるのはかまわないが,訴訟好きなOracleの体質,さらにはライセンスに関する数々の疑念を考慮するなら,僕はとても安心してそれをやる気にはなれない」とZFSをメインラインに取り入れない理由を説明している。

また,ZFSを直接カーネルに統合しないだけでなく,Shimレイヤのような透過的なインタフェースを通した実装にも「まったく興味がない。我々にとってなんの価値もなく,Oracleに(Javaのような)コピーライト訴訟のよいきっかけを与えるだけ」と一刀両断している。

旧Sun Microsystems由来のファイルシステム技術であるZFSに関しては,何度となくLinuxカーネルでの実装が議論された過去があり,たとえばUbuntuでは2016年ごろからZFSをサポート,最新版の「Ubuntu 19.10」ではZFSをrootファイルシステムにしたインストールが可能となっている。Linusはこうしたディストリビュータの動きに関しては「やらないほうがいいと思うけど,自分たちの責任でやるなら好きにやれば」というスタイルを通してきたが,今回あらためてZFSのメインライン統合に対し,明確なNoを突きつけたといえる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。