Linux Daily Topics

2020年1月17日 RHEL 8.1をベースにした「CentOS-8 1911」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CentOSプロジェクトのBrian Stinsonは1月15日(世界標準時⁠⁠,⁠CentOS Linux 8 (1911)」の一般提供開始(GA)を発表した。2019年11月にリリースされたRed Hat Enterprise Linux 8.1をリビルドしたバージョンで,すでにCentOSのサイトからダウンロード可能となっている。

[CentOS-announce] Release for CentOS Linux 8 (1911)
CentOS-8 (1911) Release Notes
FrontPage -CentOS Wiki

CentOS-8 1911のベースとなっているRHEL 8.1は,再起動することなくカーネルにパッチを当てられるライブカーネルパッチ機能を実装しているが,CentOS-8 1911でもこれがサポートされることになる。同様にRHEL 8.1で実現したコンテナやハイブリッドクラウド関連のアップデートも今回のリリースに含まれる。

カーネルバージョンはLinux 4.18で,インストール時の最小メモリサイズは2Gバイト以上だが,推奨されるのは4Gバイト以上。対応アーキテクチャはARM(aarch64⁠⁠,PowerPC(ppc64le⁠⁠,x86_64となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。