Linux Daily Topics

2020年2月4日 オープンソースのVPNプロトコル「WireGuard」がLinux 5.6で実装へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは1月29日(米国時間⁠⁠,開発中のLinuxカーネル「Linux 5.6」のソースツリーに,主要メンテナーDavid Millerのプルリクエストを大量にマージしたが,その中にUDPベースのVPNプロトコル「WireGuard」が含まれていることが大きな話題となっている。開発が順調に進めば,WireGuardの実装はLinux 5.6における最大の目玉となりそうだ。

Merge git://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/netdev/net-next -Pull networking updates from David Miller
WireGuard: fast,modern,secure VPN tunnel

WireGuardはGNU GPLv2ライセンスの下で開発中のVPNプロトコル。現在の主流VPNであるOpneVPNやIPsecに比較して設定がシンプルでパフォーマンスが高く,NoiseやCurve25519,Poly 1305,BLAKE2などの強力な暗号技術もサポートすることから,次世代VPNプロトコルとして高い関心を集めてきた。

Linuxカーネルとも同じGPLv2であり,コードも軽量であることからLinux.5.5でのメインライン統合も検討されていたが,2020年に入ってようやく準備が完了したようだ。Linux 5.6ではUSB 4のサポートやマルチパスTCP(MPTCP)など多くのアップデートが多く予定されているが,WireGuardの実装が決定したことでより注目度が高いカーネルとなるのは間違いない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。