Linux Daily Topics

2020年3月3日 Ubuntu,GNOME関連の一部パッケージをSnapからDebに変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalのエンジニアリングマネージャを務めるKen VanDineは2月26日(米国時間⁠⁠,2020年4月にリリース予定の「Ubuntu 20.04(開発コード"Focal Fossa"⁠⁠」において,⁠gnome-calculator」⁠gnome-characters」⁠gnome-logs」の3パッケージをデスクトップ関連のメタパッケージ「desktop-minimal-recommends」⁠desktop-recommends」に追加し,同時にSnapにバンドルされていたこれらのGNOMEパッケージを削除することを明らかにした。

[ubuntu/focal-proposed] ubuntu-meta 1.444 (Accepted)

UbuntuではUbuntu 16.04からSnapによるパッケージ提供を開始し,徐々にその数を増やしてきたが,⁠SnapはDebよりもサイズが大きくなりがち」⁠アプリの起動に時間がかかる」といった批判が根強く,とくにデスクトップユーザの中にはSnapによる提供を好まない向きが多かった。今回,GNOMEアプリの一部がSnapからDebに変更されたことで,Chromiumなど人気の高いアプリケーションのパッケージングにも影響が出る可能性もありそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。