Linux Daily Topics

2020年3月16日 GNOME 3.36 "Gresik"がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

GNOMEプロジェクトのMatthias Clasen(Red Hat)は3月11日(米国時間⁠⁠,⁠GNOME 3.36(開発コード"Gresik"⁠⁠」のリリースを発表した。開発期間は約半年,前バージョンからの変更点はトータルで2万4,434,コントリビュータの数は約780人に上る。開発コードの「Gresik」は2019年10月に開催された年次カンファレンス「GNOME.Asia 2019」のホストシティであるインドネシア・グレシックから取っている。

GNOME 3.36 released
Introducing GNOME 3.36: ⁠Gresik⁠

GNOME 3.36の主なアップデートは以下の通り。

  • GNOME Shell Externsions専用のコントロールアプリケーション
  • 通知のポップアップを表示させない「Do Not Disturb」
  • ロックスクリーンをシンプルで機能的なデザインに変更
  • 従量課金で利用可能なネットワークを自動的に検出(アップデート中に検出した場合はアップデートを一時中断)
  • 初期設定でペアレンタルコントロールをサポート
  • ブラウザのウィンドウから直接PDFを閲覧可能に

また,GNOME 3.36のアプリケーション開発者を対象に「GNOME 3.36 Flatpak SDK」がFlatpakリポジトリとして提供される予定となっている。

GNOME 3.36は今春リリース予定の「Fedora 32」「openSUSE 15.2」などメジャーなディストリビューションでの採用が見込まれている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。