Ubuntu Weekly Topics

2019年7月5日号 Raspberry Pi 4とUbuntu MATE

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Raspberry Pi 4とUbuntu MATE

小型Single Board Computer(SBC)の元祖,RaspberryPi 4 Model BにUbuntu MATEがやってくることになりそうです。

Raspberry PiはBroadcomのSoCを中心にした廉価な小型コンピューターで,Raspberry Pi 4 Model Bはその最新機種にあたります。ポイントは1Gbpsをフルに出せるEthernetポート注1と802.11acに対応するWireless LAN,Cortex-A72ベースの4コアCPU,USB3.0対応,そして最大で4GBメモリを搭載するモデルが存在する点で,かなりのヘビーワークロードに耐えうるスペックを誇ります。

注1
これまでのRaspberry Piの上位機種には1GbEが搭載されていたものの,USB 2.0接続のため何をどうやっても原理上480Mbpsで頭打ち(現実はさらに非常で400Mbps出せれば御の字)という制約がありました。

それでいて本体価格は4GBで55USDと非常に廉価であり,ホビー用途にはとても魅力的なデバイスとなっています。現実的な利用には専用ケースが+5USD,ACアダプタが+8USDともう少しだけかかりますが,送料を含めても8,000円前後で実用的なコンピューターが手に入る計算です。

こうしたデバイスには当然Ubuntuを入れて使いたくなるもので,前機種であるRaspberry Pi 3 Model B+へのUbuntu 18.04.2のインストール方法はUbuntu Weekly Recipe 第564回で紹介している通り,いくつかの方法でUbuntuを利用できていました。

この流れは今回も継承されており,Ubuntu MATEアカウントのTweetによれば⁠Got several hardware projects brewing, and the #raspberrypi 4 is one of them」⁠複数のハードウェアプロジェクトが用意されていて,RaspberryPi 4はそのうちのひとつだ)ということで,Raspberry Pi 4についてもUbuntuを(少なくともUbuntu MATEを)インストールして利用できそうです。日本国内での利用には電波法の制約等,まだクリアされるべき課題がある段階ですが,期待の持てるハードウェアが登場したと言えそうです。

その他のニュース

  • fonts-noto-cjkのCall for Testing。その言語を母国語にしている人でなければ見つけにくい問題も多いため,テストに参加してレポートしてみてはいかがでしょうか(⁠⁠特に問題なさそう」も立派な報告です⁠⁠。手順はこの投稿を参照してください。
  • 一部のRyzen mobile搭載マシンで発生していたUbuntuが正常に起動できない問題が直りそうです。

今週のセキュリティアップデート

usn-4033-1:libmysofaのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004978.html
  • Ubuntu 19.04・18.10・18.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2019-10672を修正します。
  • 悪意ある入力を行うことで,クラッシュの誘発が可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4036-1:OpenStack Neutronのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004979.html
  • Ubuntu 18.10・16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2019-9735を修正します。
  • 特定の操作を行うことで,不当に他のインスタンスの機能を阻害するsecurity groupを設定することが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4037-1:policykit-desktop-privilegesのアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004980.html
  • Ubuntu 19.04・18.10・18.04 LTS・16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。
  • これまでStartup Disk Creatorでは管理者ユーザーが特に確認なくディスクの上書きが可能でしたが,認証を要求するように変更します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4034-1:ImageMagickのセキュリティアップデート
usn-4035-1:Cephのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004982.html
  • Ubuntu 19.04・18.10・16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2018-14662, CVE-2018-16846, CVE-2018-16889, CVE-2019-3821を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4038-1, usn-4038-2:bzip2のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004983.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004984.html
  • Ubuntu 19.04・18.10・18.04 LTS・16.04 LTS・14.04 ESM・12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-3189, CVE-2019-12900を修正します。
  • 悪意ある加工を施したファイルを処理させることで,任意のコードの実行・DoSが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4040-1, usn-4040-2:Expatのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004985.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004986.html
  • Ubuntu 19.04・18.10・18.04 LTS・16.04 LTS・14.04 ESM・12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2018-20843を修正します。
  • 悪意ある加工を施したファイルを処理させることで,DoSが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4042-1:popplerのセキュリティアップデート
usn-4041-1, usn-4041-2:Linux kernelの再アップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004988.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2019-June/004989.html
  • Ubuntu 19.04・18.10・18.04 LTS・16.04 LTS・14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2019-11479への修正をアップデートします。
  • usn-4017-1におけるCVE-2019-11479の修正において,非常に小さなSO_SNDBUFを利用するアプリケーションが正常動作しなくなっていました。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。