AWS・Amazon Redshift Monthly Updates

#4 Amazon Redshiftの無料トライアル開始!─FlyDataをはじめパートナーのサービスでも利用可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

待望の無料トライアル

この連載でお伝えしているAmazon Redshiftの特徴は,旧来のデータウェアハウスに比べると遥かに導入が容易で,トライアルも簡単に始められるというものでした。ただ,それでも他のAWSサービスに比べると1時間あたりのコストが高額だと思われがちだったように思います。そのため実際に,たとえばエンジニアが個人で試してみたいと思っても,なかなか敷居が高いと思われていたようで,我々もそのような話を何回か聞いていました。

このたび2014年7月1日(US時間)にRedshiftチームが発表したのは,Redshiftのフリートライアルが可能になるというサービスです。それも,2ヵ月間無料でRedshiftが使えるという,なかなか太っ腹なものになっています。

我々としても,今まで試せていなかった方々が気軽にインスタンスを立ち上げることができるので,そもそもRedshiftがどういうものかを実際にご覧になる方々が増え,Redshiftの用途がより広がることを期待しています。

フリートライアルの詳細

Redshift無料トライアルの実際の条件は以下のようなものです。

  • dw2.large × 1インスタンス
  • 60日間
  • 各月1インスタンス×750時間分(複数インスタンスで立ち上げた場合はその分の時間が消費される)
※ただし,7月1日よりも前にRedshiftインスタンスを立ち上げたことのあるアカウントではトライアルできないようです。

無料トライアルにより,これまでRedshiftを試すことができなかった方々も,無料でお手軽にRedshiftを運用してみることが可能となります。

また同時に,Redshiftのバートナー企業が行っているサービスの無料トライアルもこちらにリスト化されています。筆者らの所属するFlyDataもこの一覧に入っていますので,この機会にぜひお試しください。

Redshiftのフリートライアルを開始するにあたっては,特別な申し込みなどは必要無く,今までフリートライアルを行っていないアカウントで Redshiftインスタンス (dw2.large) を立ち上げるだけで,自動的にそれがフリートライアル対応となるようです。このあたりは他のAWSサービスの無料利用枠と同じ仕組みになっています。

さて,このフリートライアルを使う方はRedshiftを初めてご経験される方が多いかと思いますので,どのようにすればインスタンスが立ち上げられるのかをステップバイステップで見ていこうと思います。

Redshift/無料トライアルの始め方

まずはRedshiftの無料トライアルページから⁠Start Free Trial⁠ボタンをクリックし,AWS Consoleへ行きます。

図1 AWS Console

図1 AWS Console

そこから"Launch Cluster"をクリックして新規のクラスタを立ち上げましょう。

立ち上げに際して,クラスタの詳細設定を入力し,⁠Continue⁠をクリックします。

図2 クラスタの基本設定画面

図2 AWSクラスタの基本設定画面

今回のAWSのキャンペーンではdw2.largeというインスタンス・タイプが2ヵ月間無料となります。クラスタサイズを上げたい場合は⁠Cluster Type⁠を変更し,ノード数を入力します。キャンペーン中は1ヵ月間に750時間の利用時間が与えられます。ノード数を増やした場合はその分だけ無料で利用可能な時間が減りますので,その点には注意が必要です。

図3 インスタンスタイプの選択

図3 インスタンスタイプの選択

図3の画面から引き続き必要な設定を行い⁠Continue⁠ボタンを押していくと,最終的に図4のような画面が表示されます。図4の赤で囲った部分に,今回の無料トライアルについて書いてあり,1ヵ月750時間を超えた利用時間についてはOn-Demandの金額でチャージされるということが書いてあります。

図4 無料トライアルについての注記

図4 無料トライアルについての注記

最後に⁠Launch Cluster⁠ボタンを押すと,クラスタが作成され始めます。

図5 クラスタが作成された

図5 クラスタが作成された

Redshiftの立ち上げ後の運用については以下の記事にまとめてありますので,ぜひご参照ください。

Amazon Redshiftではじめるビッグデータ処理入門
第3回 Amazon Redshiftを動かしてみよう

著者プロフィール

Alex Weber

FlyData Inc.のマーケティングとオペレーション担当。大学時代から趣味でプログラミングを始め,中でも裏で世界を大きく変えて行くビッグデータの領域に興味を持つ。大学卒業後米大手会計事務所で会計士として働いた後,シリコンバレーのクラウド・ビッグデータスタートアップHapyrus(現FlyData Inc.)へ入社。AWS関連のさまざまな知識を身につけ,テック業界の企業をサポートすべく奮闘中!

AWS TechnicalProfessional Accreditation保持者。


藤川幸一(ふじかわこういち)

学生時代からStartup (電脳隊・PIM)に関わり,PIMがYahoo! JAPANに買収された後は,エンジニアとしてYahoo!モバイルを開発。アジャイル開発コンサルやデリバティブ取引システムなどの開発経験を経て,シリウステクノロジーズでテクニカルマネージャ&夜はIPA未踏人材育成事業でHadoopのミドルウェア開発プロジェクト。日本JRubyユーザグループ発起人。

シリウスがYahoo! JAPANに買収されたのを機に,2010年FlyData Inc.(旧社名Hapyrus)をUSにて起業。カリフォルニアSunnyvale在住。

Twitter:@fujibee

コメント

コメントの記入