オープンソースソフトウェア「Bacula」で安心・安全なバックアップシステムを構築しよう

第7回 Baculaをもっと活用する(Bacula Enterpriseでできること)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

これまでの連載では,無償で使用できるコミュニティ版Bacula(Bacula Community Edition)について説明してきました。一方,Baculaにはエンタープライズ版(Bacula Enterprise Edition)という別のエディションがあります。今回はエンタープライズ版Baculaについて説明します。

図1 エンタープライズ版Baculaのロゴ

図1 エンタープライズ版Baculaのロゴ

そもそもBaculaはデュアルライセンスとなっており,コミュニティ版はAGPLバージョン3ライセンスのオープンソースソフトウェアですが,エンタープライズ版はGPLに依拠しない部分を含んでいます。エンタープライズ版の開発はスイスのBacula Systems社が行っています。

Baculaエンタープライズ版は,オーストリア銀行やNASAなどでも採用されている実績のあるエディションです。

以下のページからエンタープライズ版Baculaの事例を参照することができます。

エンタープライズ版Baculaはより高機能

コミュニティ版のBaculaにはバックアップの基本的な機能が備わっています。しかし,バックアップ計画の要件によっては対応できない場合があるかもしれません。あるいは,他のバックアップ製品に備わっているけれども,コミュニティ版のBaculaにない機能が欲しくなるかもしれません。

そのような場合にはエンタープライズ版のBaculaを使えば対応できる可能性があります。Baculaエンタープライズ版は,コミュニティ版になかった機能を追加し,より効率的なバックアップを大規模環境で実現することができます。

Baculaエンタープライズ版で追加できる機能

Baculaエンタープライズ版ではオプション/プラグインを使って要件に沿った機能追加を行います。代表的なものをいくつかご紹介します。

Web GUI機能―Bweb Manegement Suite

BWeb Management Suiteはウェブブラウザを使用したBaculaのGUIです。第3回でご紹介したBaculumと異なるのは,ジョブの実行や履歴の参照を行うだけでなく,ジョブ作成や新規クライアント登録などBaculaのほぼ全ての操作を行うことができる点です。

Baculaではジョブの作成やクライアントの登録などはbacula-dir.confファイルに行います。しかし管理対象のクライアントやジョブ,ファイルセット,スケジュールなどが増えてくるとファイルが大きくなり,設定や管理が困難になってきます。ファイルが大きくなれば構成の確認も容易ではありません。これらを一元的にGUIで管理し可視化することは,大規模環境の管理者にとって多大なメリットになります。設定が楽になり,運用の難易度が下げ,ミスを減らす効果があります。

また,Bwebではログインユーザを設定することができ,そのユーザごとに操作や閲覧などの権限設定を行うことができます。オペレータと管理者を分けたり,自分の部署のクライアントのみ操作可能にしたりするなど,柔軟な利用が可能です。あるいは,拠点ごとのユーザを作成すれば,⁠マルチテナント」の管理も可能になります。

画像

重複排除機能―Global Endpoint Deduplication

増分バックアップも,以前のバックアップ時から変更のあったファイルのみをバックアップするので,ファイルレベルの重複排除と言えます。一方でエンタープライズ版Baculaの重複排除機能は,変更された箇所をブロックレベル(実際にディスクにデータとして書き込む単位)で判別して,その変更された部分だけをバックアップします。

例えば,ある文章に一行追加した時,ファイルレベルの重複排除では文章全体を再バックアップしますが,ブロックレベルの重複排除では追加した一行だけをバックアップすることになります。

もう少しだけ仕組みを説明します。本機能はファイルをチャンクと呼ぶ単位に区切って保存し,またDedupeEngineでそれらのインデックスを作成します。そしてバックアップ時にハッシュを比較することで,既にバックアップしてあるデータを検出し不要なデータを除外します。

図2 ストレージデーモン側でのみ重複排除する場合のイメージ

図2 ストレージデーモン側でのみ重複排除する場合のイメージ

また,本機能で特筆すべき点は,クライアントとストレージデーモンの両方の側で重複排除が可能である点です。両側で重複排除を行った場合には,クライアント-ストレージデーモン間のネットワーク負荷を減らすことができます。

図3 ファイルデーモンとストレージデーモンの両方で重複排除する場合のイメージ

図3 ファイルデーモンとストレージデーモンの両方で重複排除する場合のイメージ

以下にその他のメリットをまとめます。

  • ディスクを大きく節約(良好な場合で半分程度,最高で10~20分の1)
  • 高速なバックアップ・リストアが可能
  • 特別なハードウェアは不要

逆に,以下の注意点もあります。

  • マシンリソース(CPU,メモリ)の消費
  • ディスクのみの対応(テープでは不可)
  • 不良ブロックがあると被害が大きくなるのでストレージはRAID構成を推奨

仮想マシンバックアップ機能―VMware vSphere plugin

コミュニティ版のBaculaでも,VMwareのゲストOSにBaculaのクライアントをインストールすればバックアップが可能です。しかし,VMwareプラグインを使えばハイパーバイザ側にのみBaculaのクライアントがあればよく,ゲストOSごとにインストールする必要がありません。また,ゲストOSが停止していてもバックアップを取得することが可能です。加えて,各ゲストOSがファイルのopen/read/close/statを行わないため,各ゲストOSがバックアップする場合よりESXサーバのリソース消費を抑えることが可能です。

データベースバックアップ機能―各種DBプラグイン

コミュニティ版でもPostgreSQLやMySQLのバックアップはダンプを使用することにより可能です。しかし,エンタープライズ版BaculaではPostgreSQL,MySQLの他,OracleDatabaseのオンラインバックアップが可能になります。

ベアメタルバックアップ―BareMetal Recovery

ファイルのバックアップを行っていても,システムが破損してサーバが起動できない場合には,まずシステムを再構築してリストアが行える状態にしなければいけません。ベアメタルリカバリプラグインを使用すると,OSが入っていない空の状態のサーバから,バックアップ取得時の状態までワンストップでリストアすることができます。本プラグインは災害発生時の「ディザスタリカバリ」として,あるいは「スナップショット」として利用することも可能です。

その他

その他にもSAPプラグイン,Incremental Accelerator for NetApp,Deltaプラグイン,SAN Shared Storageプラグイン,VSSプラグイン,NDMPプラグインなどが用意されています。

著者プロフィール

小町哲也(こまちてつや)

株式会社サードウェア

HA製品と有償版Baculaの問い合わせ対応やドキュメント翻訳などを行っている。