Ubuntu Weekly Recipe

第467回 Ubuntu GNOME 17.04の変更点と,入門者向け情報(インストール,拡張機能の導入)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

今回は注目を集めるUbuntu GNOME 17.04の変更点と,これからUbuntuを使い始めるならGNOMEがぴったりということで入門者向けの情報も2ページ目以降に掲載します。

今から始めるならUbuntu GNOME

Ubuntu Weekly Topicsで既報のとおり,Ubuntu 18.04 LTSまでに採用するデスクトップ環境がGNOMEに戻ることになりました。

Ubuntu GNOME 17.04のリリースアナウンスでは,おもに次の事柄が言及されています。

  • Ubuntu 17.10からGNOMEになる予定であること
  • そのためUbuntu GNOMEはリリースしないこと
  • Ubuntu 17.04からでもUbuntu GNOME 17.04からでも,Ubuntu 17.10にアップグレードできる予定であること

つまり,Ubuntu GNOME 17.04がUbuntu GNOMEとしての最後のリリースとなります※1)⁠

※1
本連載ではこれまで,13.10(第293回)14.04(第320回)14.10(第347回)15.04(第369回)15.10(第396回)16.04(第418回)16.10(第442回)とUbuntu GNOMEの変更点をお知らせしてきましたが,これも今回で最後となります。Ubuntu 17.10以降に続けるかは未定です。

ちなみにUnityに移行したのが11.04なので図1)⁠7年ぶりに純粋なGNOMEに戻ることになります。

図1 最後にGNOMEを採用したUbuntu 10.10の頃はまだ2.32だったため,戻ったとはいえルック&フィールは完全に異なる

画像

これからUbuntuを使い始める方は,最短で半年後,最長でも9ヶ月後には標準のデスクトップ環境がGNOMEになってしまうので,Ubuntu GNOMEをインストールしてGNOMEに慣れておくのがいいでしょう。

Ubuntu GNOME 17.04≒GNOME 3.24

まずはおなじみ各パッケージのバージョンの比較からです。16.10でもアグレッシブに更新されていましたが,17.04ではさらにそれが進みました。その結果,おおむねという但し書きはつくものの3月22日にリリースされたばかりのGNOME 3.24にアップデートしています。前出のリリースアナウンスにもあるとおり,Ubuntu GNOMEとして最新のGNOMEでリリースしたのはこれが最初(で最後)です。

では具体的に見てみましょう。

表1 Ubuntu GNOME 17.04のコンポーネント(抜粋)

バージョン コンポーネント(パッケージ名)
3.8.x vino
3.14.x gnome-user-share
3.20.x gcr, gnome-bluetooth, gnome-keyring, gnome-terminal, gkbd-capplet, nautilus
3.22.x aisleriot, file-roller, gedit, gnome-characters, gnome-contacts, gnome-mahjongg, gnome-screenshot, gnome-software, gnome-themes-standard, yelp
3.23.X gnome-font-viewer, dconf-editor, gnome-sushi
3.24.x adwaita-icon-theme, baobab, cheese, eog, evince, gdm3, gnome-backgrounds, gnome-calendar, gnome-calculator, gnome-color-manager,gnome-control-center, gnome-disk-utility, gnome-documents, gnome-getting-started-docs, gnome-getting-started-docs-ja, gnome-initial-setup, gnome-logs, gnome-maps, gnome-mines, gnome-music, gnome-online-accounts, gnome-photos, gnome-session, gnome-screenshot, gnome-settings-daemon, gnome-settings-daemon-schemas, gnome-shell, gnome-shell-extensions gnome-sudoku, gnome-system-monitor, gnome-tweak-tool, gnome-user-guide, gnome-weather, mutter, simple-scan, totem, zenity

パッケージ情報

17.04からはbraseroがインストールされなくなりましたが,nautilus-extension-braseroパッケージはインストールされているため,CD/DVDライティング自体は可能です。

gnome-software-plugin-flatpakパッケージがインストールされるようになったことにより,GNOMEソフトウェアでFlatpakパッケージのインストールができるようになりました。

gnome-session-waylandパッケージがデフォルトではインストールされなくなりましたが,gnome-sessionパッケージに統合されたことによるものであり,Waylandセッションは選択できます。

EvolutionとGnuPGフロントエンドのseahorseもデフォルトではインストールされなくなりました。特に前者のインパクトは大きく,Thunderbirdもインストールされていないため,メールクライアント(MUA)が何もインストールされていません。

GNOME 3.24の新機能

GNOMEそのものの変更点としては設定関連が多いです。ディスプレイの設定にナイトライトモードが追加されました。日が落ちて暗くなったら自動的に画面の色をやや暖色にし,睡眠しやくすなるというものです図2)⁠同じような時期にリリースされたWindows 10のアップデートにも同じような機能が実装されているのが興味深いところです。

ほかにもプリンター図3図4とオンラインアカウントとユーザーの設定画面が新しくなっています。

図2 新しく実装されたナイトライトモード

画像

図3 Ubuntu GNOME 16.10 (GNOME 3.20)でのプリンター設定画面はこうだった

画像

図4 このバージョンからは設定が一つのボタンにまとまってわかりやすくなった

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入