Ubuntu Weekly Recipe

第538回 Ubuntu Dockをカスタマイズする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ショートカット機能

Ubuntu Dockには以下のショートカット(ホットキー)機能が存在します。Ubuntu Dockでは次の機能が割り当てられています。

  • アイコンのクリック:数字で指定されたアイコンのアプリに対して次のいずれかを行います。
    • 起動中のアプリが存在しない場合は,新規に起動する
    • アプリが起動中でウィンドウが1つだけの場合は,そのウィンドウを表示する
    • アプリが起動中でウィンドウが複数の場合は,ウィンドウのサムネイルを表示する
  • アイコンを中クリック:ウィンドウを最小化します。
  • アイコンをCtrl押しながらクリック:数字で指定されたアイコンのアプリを新しいウィンドウで起動します。これはGNOME Shell側の挙動です。
  • アイコンをShift押しながらクリック:数字で指定されたアイコンのアプリを起動します。アプリが起動中の場合,新しいウィンドウを作成します。
  • アイコンをShift押しながら中クリック:数字で指定されたアイコンのアプリを起動します。アプリが起動中の場合,新しいウィンドウを作成します。
  • Super-X/Ctrl-Super-X(Xは0から9の数字)⁠アイコンをクリックしたように振る舞います。
  • Shift-Super-X(Xは0から9の数字)⁠アイコンをShift押しながらクリックしたように振る舞います。
  • Super-q:Dock上の各アイコンに数字を表示します。
  • アイコンの上でマウスをスクロール:何もしません。
  • アプリボタンの上でマウスをスクロール:ワークスペースを切り替えます。

上記はいずれもカスタマイズ可能です。

まずapp-hotkey-X/app-shift-hotkey-Xによって,アイコンのクリック・ShiftクリックのためのショートカットキーをSuper-X/Shift-Super-Xから変更できます。たとえばapp-hotkey-1の設定値は['<Super>1']になっています。この設定は次のようなコマンドで['<Alt>F']に変更できます。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock app-hotkey-1 "['<Alt>F']"

これによりAlt-Fキーを押すと1番目のアイコン(大抵はFirefoxになっていることでしょう)を表示もしくは起動できます※2)⁠hot-keysをfalseにすると,上記設定はすべて無効化されます。

※2
Modifierキーとして<Ctrl><Shiftを設定した場合,ショートカットを入力すると「Ctrlキーを押しながら」⁠Shiftキーを押しながら」ホットキーを押されたと判定されてしまいます。app-hotkey-Xを使うならSuperもしくはAltあたりのModifierキーを使うのが無難です。もちろんF3のように単体キーを設定しても良いでしょう。

数字を表示するキーはshortcutから変更できます。また数字の表示時間はshortcut-timeoutで初期設定値は2秒です。

クリック時・ホットキー入力時の挙動は次のキーから変更できます。丸括弧の中は「Ubuntu Dockの初期値/Dash to Dockの初期値」です。

  • click-action:クリック時・app-hotkey-Xのキー入力時の挙動(初期値:previews/cycle-windows)
  • middle-click-action:中クリック時の挙動(初期値:launch/launch)
  • shift-click-action:Shiftキーを押しながらクリック時・app-shift-hotkey-Xのキー入力時の挙動(初期値:launch/minimize)
  • shift-middle-click-action:Shiftキーを押しながら中クリック時の挙動(初期値:minimize/launch)

ちなみに右クリックについては特に設定する方法はありません。つまり,残念ながらUnityのQuicklistに相当する機能は存在しないようです。

値については次のいずれかを選択できます。

  • skip:そのアプリのウィンドウを前面に表示します。
  • minimize:そのアプリのウィンドウを最小化します。
  • launch:常にアプリの新しいウィンドウを起動します。
  • cycle-windows:クリックするごとにそのアプリの次のウィンドウに切り替えます。シングルウィンドウならskipと同じです。
  • minimize-or-overview:シングルウィンドウならウィンドウを最小化します。マルチウィンドウならpreviewsと同じです。
  • previews:ウィンドウが複数ある場合,そのサムネイルを表示します。シングルウィンドウならskipと同じです。
  • quit:そのアプリを終了します。

またどの設定であっても指定したアイコンのアプリが起動していなければ単純に起動します。

scroll-actionを設定すると,アプリアイコンをスクロールしたときの挙動を設定できます。設定できる値はdo-nothing(何もしない)⁠cycle-windows(表示するウィンドウの切り替え)⁠switch-workspace(ワークスペースの移動)のいずれかです。ただしicon-size-fixedがtrueのときは他の機能との兼ね合いからswitch-workspaceは動作しません

アプリボタン上でスクロールすれば,ワークスペースを切り替えられます。これはscroll-switch-workspaceでオン・オフできます。

Dockに表示する項目

Dockには起動中のアプリアイコンや,お気に入りのアプリアイコンが表示されます。これはそれぞれ次のキーで変更できます。

  • お気に入りのアプリ:show-favoritesをfalseにすると非表示
  • 実行中のアプリ:show-runningをfalseにすると非表示
  • アプリボタン:show-show-apps-buttonをfalseにすると非表示

「お気に入りのアプリ」とはアプリアイコンを右クリックして表示される「お気に入りに追加」から追加されたアプリのリストです。これはGNOME Shell全体で管理しているため,次のコマンドで内容を確認できます。

$ gsettings get org.gnome.shell favorite-apps

アプリボタンは,インストール済みアプリを一覧表示・検索するUIを表示するためのボタンです。Ubuntu Dockでは画面左下(Dockの文脈で言うところの末尾)に表示されていますが,これを左上(Dockの文脈で言うところの先頭)に変更できます。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock show-apps-at-top true

ちなみにアプリボタンを押したときは,アプリリストを表示する際に展開アニメーションを使用します。これを無効化し,できるだけ速くアプリリストを表示したい場合は,次のように設定してください。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock animate-show-apps true

自動的に隠す機能の細かい調整

「自動的に隠す」機能を有効にすると,特定の条件下でDockを隠します。Ubuntu Dockでは「いずれかのウィンドウがDockに重なった時」が隠す条件となっています。しかしながらgsettingから設定すれば,隠す条件を変更したり,表示・非表示時のアニメーションを変更可能です。

intellihide-modeはDockを隠す条件を変更します。設定できる値は次の3つです。

  • ALL_WINDOWS:すべてのウィンドウのいずれかがDockに重なっていれば隠す(Ubuntu Dockの初期値)
  • FOCUS_APPLICATION_WINDOWS:フォーカスが当たっているウィンドウがDockに重なっていれば隠す(Dash to Dockの初期値)
  • MAXIMIZED_WINDOWS:最大化されているウィンドウが存在すれば隠す

表示・非表示の際はDashが「スルスル」っとアニメーションします。この遷移時間はamimation-timeで変更可能です。初期値は0.2秒であり,大きくするとゆっくりと,小さくすると即座に表示・非表示が切り替わります。なおhide-delayにより「非表示アニメーション開始」までの遅延時間も設定可能です。こちらも初期値は0.2秒です。

隠されたDockを表示するには,マウスカーソルをDockが存在する側の端に「勢い良く」ぶつけます。勢いが必要なのは,マウスを画面端に寄せた時に常に表示されると,Dockとかぶる領域のウィンドウをクリックできずに不便だからです。どうしてもマウスカーソルが画面端に存在したら常に表示させたい場合は,require-pressure-to-showをfalseに設定してください。またpressure-thresholdを大きな値に設定すると,より勢いが必要になり,小さく設定すると細かいマウスカーソルの移動でDockを表示できます。

第541回ではUbuntu Dockの見た目をカスタマイズする方法を紹介します。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。