Ubuntu Weekly Recipe

第543回 GPD PocketにUbuntu MATEをインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu 18.10のリリースに合わせて,Ubuntu MATE 18.10のGPD PocketおよびGPD Pocket 2向けのイメージが公開されました。今回はGPD PocketにUbuntu MATE 18.10をインストールしてみます。

GPD Pocketとは

GPD PocketはGPD社が開発する小型のノートPC(UMPC)です。文庫本より少し大きなサイズの筐体に,それなりのスペックのPCがぎっしり詰まっています。もともとはクラウドファンディングで出資者を募集する形での開発だったのですが,前機種であるゲーミングデバイスのGPD WINの評価が高かったことから,あっという間に出資が集まり,一般販売もされるようになりました。よって国内でも比較的かんたんに入手できるデバイスです。※1

※1
ちなみにGPD Pocketのクラウドファンディングを募集した時点ではUbuntu版があったのですが,一般販売はされていないようです。後継機のGPD Pocket 2もWindows版だけとなりました。

GPD Pocketのスペックは次のとおりです。Cherry Trail世代のWindowsタブレットにキーボードが付いたものだと思えばいいでしょう。

CPU Intel Atom x7-Z8750 (64bit,4コア4スレッド,1.6GHz/2.56GHz)
Memory 8GB LPDDR3
Storage 128GB eMMC
GPU HD Graphics 400
Display 1920x1200,7inch,タッチパネル
Wi-Fi 2.4GHz/5GHz,802.11 ac/b/g/a/n(BCM4356)
Bluetooth Bluetooth 4.1(BCM2045)
Sound Realtek ALC5645,モノラルスピーカー・マイク
Battery 7000mAh
Connectors USB Type-C(USB 3.1 Gen 1,DisplayPort Alt Mode,PD)⁠Micro HDMI 1.4b,USB Standard-A(USB 3.1 Gen 1)⁠ヘッドフォンジャック
Size 180mm x 106mm x 18.5mm,480g

本記事ではUbuntu版のGPD Pocketに入っていたBIOS(2017年6月28日版)をそのまま使用しています。Windows版やより新しいバージョンのBIOSだと多少挙動が異なるかもしれません。ちなみにBIOSやファームウェアなどはGPD Pocketのダウンロードサイトにありますが,Ubuntuファームウェアの最新版が今回紹介するUbuntu MATEへのリンクになっていたり,ファイルの置き場もばらばらだったりと,一体どれが公式なのかわからない状態です。

Ubuntu MATEの起動とインストール

Ubuntu MATE 18.10のリリースに合わせて,GPD Pocket/GPD Pocket 2向けのイメージが公開されました。これは公式版のUbuntu MATE 18.10をベースに,これまで有志が作ってきたカスタマイズ版イメージの情報のもと,Ubuntu MATEに必要な設定ファイルを取り込んだイメージです。ポイントは「Ubuntu MATEから変わっているのは設定ファイルやスクリプトだけ」な点。つまりカーネルを含む各種バイナリパッケージはUbuntu MATEと同じなのです。

図1 GPD Pocket上のUbuntu MATE 18.10

画像

インストール方法もUbuntu MATEと同じです。ダウンロードサイトからGPD Pocket用のUbuntu MATE 18.10イメージ(ubuntu-mate-18.10-desktop-amd64-gpd-pocket.iso)をダウンロードします。ダウンロードしたイメージをddコマンドや第488回でも紹介されているEtcherでUSBメモリーなどに書き込みましょう。

作成したUSBメモリーをGPD Pocketに接続し,GPD Pocketを起動します※2)⁠

※2
USBメモリーの接続先はUSB Standard-Aのほうが無難です。USB Type-C側にType-Cコネクタ付きのメモリーを接続した場合もUEFIは認識しますし,起動もするようですが,Liveセッションの途中で暗転したまま画面が出ない状態になりました。

GPDのロゴが表示されたらFn+7(F7)キーを押し続けてください。起動デバイスの選択画面(Please select boot device)が表示されるので,小首を半時計回りに可愛らしくかしげながら,カーソルキーで「UEFI: デバイス名, Partition1」を選択します。⁠デバイス名」の部分はおそらくUSBメモリーのベンダーなどが表示されるはずです。GRUBの画面では「Try Ubuntu MATE without installing」を選択しましょう。

Liveセッションが起動するので,Wi-Fi・キーボード・トラックポイント・タッチパネル・サウンドあたりの動作を確認します。特に問題なければ,デスクトップ上の「Install Ubuntu MATE 18.10」をダブルクリックしてインストールを開始しましょう。言語は日本語を選択してもかまいませんが,キーボードレイアウトは「英語(US)⁠を選びます。

「アップデートと他のソフトウェア」のページで「通常のインストール」もしくは「最小インストール」を選択したあとに「続ける」をクリックすると,⁠使用中のパーティションをアンマウントしますか?」というダイアログが表示されるかもしれません。これはLiveセッションで,既存のeMMCストレージ(/dev/mmcblk0)が自動マウントされてしまうことから表示される警告です。これからインストールするストレージには変更を加えるため,アンマウントする必要があります。⁠はい」を選びアンマウントしてください。

図2 インストール時の警告

画像

またストレージへのインストール方法にはいくつか選択肢があります。

  1. 他のOS(UbuntuやWindows)と共存してインストールする
  2. ディスクを削除してUbuntu MATE 18.10をクリーンインストールする
  3. その他,自分でパーティションレイアウトをカスタマイズする

特にこだわりがなければ,1.か2.のどちらかを選ぶことになるでしょう。

1.は既存のOSの領域をリサイズしてUbuntuをインストールする方法です。ただし本当にきちんとインストールできるかどうかは運次第です。下手をするとどのOSも動かなくなる可能性もあります。この選択肢を選ぶ場合は必ず既存のデータのバックアップをとっておき,何が起こっても泣かない強い心を鍛えた上で実施してください。ちなみにリリースノートによると,18.10のe2fsprgsにはファイルシステムのサイズを小さくするとファイルシステムが壊れてしまう不具合が存在します。

既存のデータをすべて消してしまっても良いのであれば,2.をオススメします。これにより余計なトラブルを未然に回避できるからです。ただしGPD PocketはUbuntu MATE専用マシンとなります。参考までに,Ubuntu MATE専用マシンとなった結果Windowsが起動しなくなる「問題」は,別途GPD Pocket 2を購入することで「解消」すると思われます。

あとは普通のUbuntuとインストール方法は一緒です。インストールが完了したら再起動するかどうか問い合わせられるので再起動します。Liveセッション終了時にUSBメモリーを取り外すよう指示されるので,取り外した上でEnterキーを入力しましょう。

起動時に画面が暗転したまま何も表示されないことがあります。その場合は,一度画面(ふた)を閉じてから,ひと呼吸おいて開いてください。もしくは画面が暗転したままパスワードを入力し,Enterを押すことでも復旧します。それでもダメなら,電源ボタンを長押しして再起動しましょう。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。