Ubuntu Weekly Recipe

第601回 デスクトップ環境の2019-2020年

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新しい年の始めに,Ubuntuで使用できるさまざまなデスクトップ環境について2019年に起こったことと2020年に起こりそうなことを紹介します。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。本連載も12周年を迎えました。

月並みですが,12年という年月は干支が一周し,生まれた子供が小学校を卒業します。当初からのUbuntu Japanese Teamメンバーも編集さんも読者さんも等しく12歳増えました。天台宗の最も厳しい修行は,12年間の山ごもりだそうです。

もちろん長期間何かのことを続けるのは並大抵のことではないのですが,このように12年というのは一つの区切りに使われる期間なので,特別の感慨をもって紹介しました。

本連載の話をすると,ここまでの長期連載になって個人的には果たして毎週紹介することがあるのかと今から戦々恐々としています。第600回でも語られているように現在は主として2人で回しているような状態なので,ほかのメンバーや近しい人たちによる執筆も増えていかないと回数をこなすのが難しいのではないかというのが現在の見立てです。また読者さんとしても今までにない視点の記事が読めるため,執筆者の多様化はメリットしかありません。

そのようなわけで,いろいろな意味で本年もよろしくお願いいたします。

2020年のデスクトップ環境

それでは,各デスクトップ環境を見ていきましょう。昨年第552回でお届けした内容の今年版になりますが,昨年の内容と今年の内容はリンクしません。

今年はCinnamonも復活し,デスクトップ環境のみの紹介となります。昨年は翻訳状況に関しても紹介しましたが,今年は統一的ではなく必要に応じて紹介していくことにします。

GNOME

昨年のGNOME最大最悪の出来事は,パテント・トロール狙われたことでしょう。GNOMEによる最初のアナウンスでは,Ubuntuにもインストールされている写真管理アプリケーションのShotwellが対象であると言及されましたが,その後対象が増えたとのことです。

パテント・トロールとの戦いの舞台は法廷で,すなわち弁護士などに費用がかかります。そのためGNOME Patent Troll Defense Fundで訴訟のための募金を行い,本記事の公開時点で目標の125,000ドルを大幅に超える150,000ドル以上を集めています。なお目標額を大幅に上回ったといっても盤石ではなく,現在も継続して集めている上,もし訴訟に使われなかったとしてもGNOMEの改善に使われるということなので,今から寄付をするのも遅くはありませんのでご一考ください。

リリースは3.323.34で,あくまで主観ではありますがあまり大きな変更点はありませんでした。

GNOMEはUbuntuと同じく(時系列的には逆ですが)タイムベースリリースで,今年も3.36と3.38がリリースされる予定です。3.38の次は3.40になるため,そのあたりのタイミングで4.0になるかも知れません。少なくともGTK 4.0※1はGNOME 3.38と同じタイミングでリリースされるとのことです。

GNOMEの翻訳は,昨年新しいメンテナーが就任して積極的に行われるようになりました。

※1
若干ややこしいのですが,昨年GTK+(プロジェクト)はGTKに変更されました。またツールキットそのものも4.0からGTKとなりますが,現行の3.24.xはGTK+のままです。

KDE

何度となく述べていますが,現在KDEというデスクトップ環境はリリースされていません。KDE Frameworks,KDE Plasma,KDE Applicationsに分かれてリリースされています。

それぞれが分かれてリリースされている上に,リリース頻度も高いため,昨年だけで多数のリリースがあります。それを以下の表に示します。

リリース日 コンポーネント バージョン
1/8 Plasma 5.14.5
1/10 Applications 18.12.1
1/12 Frameworks 5.54.0
2/7 Applications 18.12.2
2/9 Frameworks 5.50.0
2/12 Plasma 5.15.0
2/19 Plasma 5.15.1
2/26 Plasma 5.15.2
3/5 Plasma 5.12.8
3/7 Applications 18.12.3
3/9 Frameworks 5.56.0
3/12 Plasma 5.15.3
4/2 Plasma 5.15.4
4/13 Frameworks 5.57.0
4/19 Applications 19.04
5/7 Plasma 5.15.5
5/9 Applications 19.04.1
5/13 Frameworks 5.58.0
6/6 Applications 19.04.2
6/8 Frameworks 5.59.0
6/11 Plasma 5.16.0
6/18 Plasma 5.16.1
リリース日 コンポーネント バージョン
6/25 Plasma 5.16.2
7/9 Plasma 5.16.3
7/11 Applications 19.04.3
7/13 Frameworks 5.60.0
7/30 Plasma 5.16.4
8/10 Frameworks 5.61.0
8/15 Applications 19.08.0
9/3 Plasma 5.16.5
9/5 Applications 19.08.1
9/10 Plasma 5.12.9
9/14 Frameworks 5.62.0
10/10 Applications 19.08.2
10/12 Frameworks 5.63.0
10/15 Plasma 5.17.0
10/22 Plasma 5.17.1
10/29 Plasma 5.17.2
11/7 Applications 19.08.3
11/10 Frameworks 5.64.0
11/12 Plasma 5.17.3
12/3 Plasma 5.17.4
12/12 Applications 19.12.0

開発版を除いてもこれだけのリリースがあります。

すこし解説すると,KDE Frameworksは毎月リリース,KDE PlasmaとKDE Applicationsは4ヶ月毎のリリースですが,KDE Plasmaは18ヶ月サポートのLTSがあるので,古いバージョンが混ざっています。

Kubuntu 19.04ではKDE Plasma 5.15.4,Frameworks 5.56.0,Applicaions 18.12.3を採用しています。Kubuntu 19.10ではKDE Frameworks 5.62.0,KDE Plasma 5.16.5,KDE Applications 19.04.3を採用しています。より最新のコンポーネントを使用したい場合はKDE neonを使用するといいでしょう。

正直なところKDEに関しては昨年の大きな変更点今年のロードマップが公開されているため,あまりここで触れることはありません。Waylandサポートは継続して開発中,KIOでFUSEサポートが追加予定などといったことが記載されています。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。