Ubuntu Weekly Recipe

第608回 LibreOfficeの墨消し機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回はLibreOffice 6.3で実装され,6.4で機能強化された墨消し機能について解説します。

2020年のLibreOffice

今年はLibreOfficeに関する新春特別企画記事がなかったので,最初にLibreOfficeの2020年についてお知らせします。

1月29日にLibreOffice 6.4.0がリリースされました。変更点の概要デフォルトフォントの変更をご一読いただければと思いますが,Software Desgin 2020年2月号「Ubuntu Monthly Report 第117回 LibreOffice 6.4の新機能」にはより詳しい記事が掲載されています。もっとも,すでに最新号ではなくなっていますが。

LibreOfficeプロジェクト開始は2010年なので9年前の新春特別企画記事参照⁠⁠,今年は10周年に当たります。これを記念し,さまざまなイベントが予定されています。日本でも「LibreOffice Kaigi 2020」を3月7日に予定していましたが,会場都合で仕切り直しとなってしまいました。

LibreOfficeの次のバージョンは7.0になることが決定し,また変更点としてOpen Document Format 1.3への対応が予定されています。

墨消し機能とは

墨消し機能は,ドキュメントの一部分をマスクしてPDFに出力することができます。今回の例としてはWriterを使用しますが,CalcとImpressでも使用できます。

個人的な用途ではあまり使用する機会はないでしょうが,企業や公的機関では役に立つ場面があるかもしれません。実際,この機能は北アイルランドのSouth Eastern Health & Social Care Trust (SEHSCT)によるスポンサードで開発された機能であることが公開されています。

同様の機能はAdobe Acrobat Pro DCにありますが,LibreOfficeは今すぐ無料で使用できるところがメリットでしょう。

稀に雑にマスクしたPDFを発表し,実はあとから剥がすことが可能だった,なんてことがありますが※1⁠,この機能を使用するとそのような事態を避けられます。

※1
つい最近もあったのですが,武士の情けで具体的な事例紹介は避けることにします。

LibreOfficeのバージョン

前述のとおり,ここではLibreOffice 6.4を使用します。現在サポートされているUbuntuで使用する方法としては,次の3つが簡単です。

具体的な使用方法は,すこし古い情報ですが第507回が参考になるでしょう。

ちなみに今回使用したのは6.4.1 RC2相当の独自ビルドです。

サンプルドキュメント

今回使用したサンプルドキュメントは,第604回の元ドキュメント(Markdown)をPandocでODFに変換したものです。

墨消し機能

「ツール⁠⁠-⁠墨消し機能」をクリックすると,墨消しツールバーと共にDrawが起動します図1⁠。ツールバーには4つのアイコンがあり図2⁠,一番左は「矩形墨消し」ボタンで,マスクしたい部分に四角形を被せます。2番目は「自由墨消し」で,好みの線を引くことができます。

図1 墨消し機能を起動したところ

画像

図2 墨消しツールバー

画像

3番目はプルダウンになっており図3⁠,PDFにエクスポートする際にマスク部分を白くするか黒くするかを変更した上でエクスポートすることができます。

図3 マスクする部分を黒くするか白くするかはプルダウンメニューで選択する

画像

4番目(一番右)はマスクしないでPDFをエクスポートします。

図4は試しに⁠Oracle⁠という文字列をマスクした例で,図5はエクスポートしたPDFを表示した例です。

図4 矩形墨消しで消したところ

画像

図5 図3をエクスポートしたPDFをEvinceで表示したところ

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。