1冊でマスター 大学の統計学

書籍の概要

この本の概要

いまや統計学は必須科目になっています。本書は,大学で統計学の単位をとるための必携書です。社会人の方の学び直しにも最適です。手法だけではなくその理論的背景にも触れることで,理解しやすく,また応用力が付く構成となっています。解説はもちろん例題,問題に加え,要所要所で補足も細かく書き込んでいます。また,別冊として,演習問題,確認問題を用意しています。それにより確実に力をつけることができます。実際のデータを使って推測,検定も行っていますので,自分で試したいデータがあればやってみることもできます。統計学が楽しくなること間違いなしです。

こんな方におすすめ

  • 大学で統計学を履修している学生,統計学初学者,社会人で統計学が必要な方々

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

  • はじめに

第1章 イントロ

  • 1 確率編
  • 2 記述統計編
  • 3 微積分編

第2章 確率分布

  • 1 確率変数
  • 2 離散型確率分布
  • 3 連続型確率分布
  • 4 累積分布関数
  • 5 正規分布
  • 6 正規分布の値
  • 7 チェビシェフの不等式と大数の法則
  • 8 2変数の離散型確率分布
  • 9 X,Yの1次式の期待値・分散
  • 10 2変数の連続型確率分布
  • 11 確率変数の独立
  • 12 確率変数の変換(partⅠ)
  • 13 確率変数の変換(partⅡ)
  • 14 積率母関数
  • まとめ

第3章 推測統計

  • 1 点推定
  • 2 推測統計で用いる主な分布
  • 3 区間推定
  • 4 検定
  • 5 母平均の差の検定
  • 6 適合度検定・独立性の検定
  • 巻末資料
  • 確率分布のまとめ
  • 巻末表
  • 索引

著者プロフィール

石井俊全(いしいとしあき)

1965年東京生まれ。東京大学建築学科卒,東京工業大学数学科修士課程卒。「大人のための数学教室 和」講師。
主な著書に,「まずはこの一冊から 意味がわかる」シリーズ「線形代数」「統計学」「多変量解析」「ガロア理論の頂を踏む」「一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する」 (いずれもベレ出版),「1冊でマスター 大学の微分積分」「1冊でマスター 大学の線形代数」(いずれも技術評論社)などがある。