パーフェクトガイドシリーズAutoCAD パーフェクトガイド
[AutoCAD/AutoCAD LT 2019/2018/2017/2016/2015対応版]

書籍の概要

この本の概要

本書は,建築・土木・機械分野で幅広く使用されている製図アプリケーション「AutoCAD」の機能リファレンスです。図形の作成/修正,注釈,画層,ブロック,レイアウト,印刷まで,AutoCADを使う上で必要な操作がまるごとわかります。400ページの大ボリュームなので辞書として利用可能。仕事場に常備しておくと,困ったときにサッと調べられる便利な一冊です。

※本書では,3D作図機能は解説していません。

こんな方におすすめ

  • AutoCADの操作をサッと調べたい方
  • AutoCADの辞書がほしい方

この書籍に関連する記事があります!

AutoCADの「あれ,どうやるんだっけ?」に答えます!
どんなソフトを使っていても,よく使う操作もあれば,あまり使わない操作もありますよね。

目次

第0章 AutoCADの基本

  • ユーザーインターフェースを理解する
  • 起動とファイル操作を確認する
  • 画面の表示操作を確認する
  • 作図の流れを理解する
  • オブジェクトスナップを理解する
  • 直交モードを理解する
  • 極トラッキングを理解する
  • 座標入力を理解する
  • オブジェクト選択を理解する

第1章 図形の作成

  • 点/距離/角度の指定方法を理解する
  • 水平垂直に線分を作図する
  • 角度指定で線分を作図する ~極座標入力
  • 角度指定で線分を作図する ~極トラッキング
  • 勾配指定で線分を作図する ~屋根勾配
  • 勾配指定で線分を作図する ~1:○勾配
  • 勾配指定で線分を作図する ~○%勾配
  • 線と円弧のポリラインを作図する
  • 中心点と半径指示で円を作図する
  • 中心点と直径指示で円を作図する
  • 中心点の座標指定で円を作図する
  • 1/4円弧を作図する
  • 半円を作図する
  • 縦横の長さ指定で長方形を作図する
  • 斜め方向の長方形を作図する
  • 円に内接した多角形を作図する
  • 1辺の長さ指定で多角形を作図する
  • 中心点と軸の長さ指定で楕円を作図する
  • 水平垂直の無限線を作図する
  • 任意の線分に垂直な無限線を作図する
  • 角の2等分線を作図する
  • ハッチングを作図する
  • 塗りつぶしを作図する
  • グラデーションを作図する
  • ハッチングの間隔を距離で指定する
  • ハッチングの作図原点を指定する
  • 境界をポリラインで作図する
  • 境界をリージョンで作図する
  • 図形を指定して境界を作図する
  • 点を作図する
  • 等間隔に点を作図する
  • 等間隔にブロックを配置する
  • 等距離に点を作図する
  • 等距離にブロックを配置する
  • リージョンを作成する
  • 図形を隠す面を作図する

第2章 図形の修正

  • 図形を修正する流れを理解する
  • 窓選択をする
  • 交差選択をする
  • 多角形で窓選択をする
  • 多角形で交差選択をする
  • 線分で図形を選択する
  • すべての図形を選択する
  • 重なった図形を選択する
  • 条件指定で図形を選択する
  • 複数の条件指定で図形を選択する
  • 同じ種類の図形を選択する
  • Shift+クリックで複数選択をする
  • 点指定で図形を複写する
  • 距離指定で図形を複写する
  • 点指定で図形を伸縮させる
  • 距離指定で図形を伸縮させる
  • 角度指定で図形を回転する
  • 参照角度で図形を回転する
  • 図形を反転コピーする
  • 図形を反転する
  • 尺度指定で図形を拡大/縮小する
  • 長さを参照して図形を拡大/縮小する
  • 任意の線まで図形の一部を切り取る
  • 任意の線まで図形の一部をまとめて切り取る
  • 任意の線まで線分を延長する
  • 任意の線まで線分をまとめて延長する
  • 半径指定で図形の角を丸める
  • 2本の線分から角を作成する
  • 長さ指定で面取りする
  • 長さと角度指定で面取りする
  • 隅切りの長さを指定して面取りをする
  • 一定の間隔で図形を複写する
  • 曲線に沿って図形を配置する
  • 一定の角度で図形を回転複写する
  • 図形を削除する
  • ポリラインやハッチングを分解する
  • 距離指定で線分をオフセットする
  • 点指定で線分をオフセットする
  • 現在画層に線分をオフセットする
  • 増分指定で図形の長さを変更する
  • 図形全体の長さを変更する
  • 線分や円弧をポリラインにする
  • ポリラインを太くする
  • ポリラインの始点と終点を反転する
  • ハッチングの種類や尺度を変更する
  • ハッチングの島の検出を変更する
  • ハッチングの境界を再作成する
  • 配列複写を編集する
  • 配列複写のグループ化を解除する
  • 図形の位置を合わせる
  • 2点指示で部分削除する
  • 1点指示で線分を分割する
  • 重なった同じ図形を削除する
  • 図形を最前面へ移動する
  • 図形を最背面へ移動する
  • すべての文字/寸法を前面へ移動する
  • すべてのハッチング図形を背面へ移動する
  • グリップを理解する
  • グリップで線分の長さを変更する
  • グリップでポリラインの頂点を追加する
  • リージョンを合成する
  • ほかのファイルに図形をコピーする
  • 座標軸を回転してコピーする

第3章 注釈

  • 図面の縮尺を理解する ~文字などの大きさを決める基準
  • 文字を理解する
  • 文字を作図する
  • 位置合わせを指定して文字を作図する
  • 図形に沿って文字を作図する
  • 文字内容を変更する
  • 文字の大きさを変更する
  • 文字の幅を変更する
  • 文字スタイルを変更する
  • ほかの文字の大きさなどをコピーする
  • 文字を検索する
  • 面積を表す文字を作図する
  • ファイル名を表示する文字を作図する
  • マルチテキストを作図する
  • マルチテキストの内容を変更する
  • マルチテキストで下線を付ける
  • マルチテキストの文字の大きさを指定する
  • マルチテキストで1行に2行分を表示する
  • マルチテキストを1行文字に変換する
  • 文字スタイルを作成する
  • 文字スタイルを指定して作図する
  • 文字スタイルのフォントを変更する
  • 寸法を理解する
  • 水平垂直の寸法を作図する
  • 図形に沿って寸法を作図する ~[平行寸法]コマンド
  • 図形に沿って寸法を作図する ~座標系を変更
  • 寸法を作図する画層を設定する
  • 寸法補助線に角度を付ける
  • 寸法文字を移動する
  • 寸法文字の内容を編集する
  • 寸法線を挟んで文字を改行する
  • 寸法の矢印を反転する
  • 寸法の矢印の形状を変更する
  • 寸法スタイルを作成する
  • 寸法スタイルを指定して作図する
  • 寸法スタイルの文字や矢印の大きさを修正する
  • 寸法スタイルの矢印の形状をまとめて変更する
  • 寸法別に寸法スタイルを作成する
  • マルチ引出線を理解する
  • マルチ引出線を作図する
  • マルチ引出線スタイルを作成する
  • マルチ引出線スタイルを指定して作図する
  • 引出線を追加する
  • 引出線を削除する
  • 表を理解する
  • 表を作成する
  • 表の大きさを変更する
  • 表のセルの大きさを変更する
  • 表の文字の大きさを変更する
  • 雲マークを作図する

第4章 画層とプロパティ

  • 画層を理解する
  • 画層を作成する
  • ほかのファイルから画層をコピーする
  • 画層を設定して図形を作図する
  • 既存図形の画層を変更する
  • ほかの図形から画層の設定をコピーする
  • 画層を表示/非表示する
  • 選択した図形の画層を非表示にする
  • 全画層を表示する
  • 選択した図形の画層のみを表示する
  • 画層をフリーズ/フリーズ解除する
  • 選択した図形の画層をフリーズする
  • 全画層をフリーズ解除する
  • 画層をロック/ロック解除する
  • ロック画層をフェード表示する
  • 選択した図形の画層以外をロックする
  • 画層の一覧をExcelに貼り付ける
  • 特定の画層だけを閲覧する
  • 補助線用の画層を印刷しない設定にする
  • 画層の設定を保存/読み込みする
  • 画層フィルタを活用する
  • 色を理解する
  • 図形の色を変更する
  • 線種を理解する
  • 図形の線種を変更する
  • 線種をロードする
  • 図面全体の線種尺度を設定する
  • 任意の図形の線種尺度を設定する
  • ポリラインの線種を表示する
  • 線の太さを理解する
  • 図形の線の太さを変更する
  • 線の太さを画面に反映する
  • プロパティパレットを理解する
  • プロパティパレットで図形の設定を変更する
  • 図形のプロパティをコマンドで変更する
  • 図形のプロパティをByLayerに変換する
  • 図形を透過させる

第5章 ブロックと参照

  • ブロックを理解する
  • ByBlockを理解する
  • ブロックを作成する
  • ブロックを挿入する
  • ブロックを編集する
  • ほかのファイルをブロックとして挿入する
  • ほかのファイルのブロックを挿入する
  • ブロック内の図形を複写する
  • ブロックの名前を変更する
  • ブロック属性を作成する
  • ブロック属性を変更する
  • ブロック属性の値をテキストファイルに書き出す
  • ダイナミックブロックを理解する
  • ダイナミックブロックを作成する
  • 外部参照を理解する
  • 外部参照でアタッチする
  • 外部参照をフェード表示する
  • 外部参照をクリップして一部だけを表示する
  • 読み込めない外部参照のパスを変更する
  • 外部参照を表示/非表示する
  • 外部参照のアタッチを解除する
  • 画像をアタッチする
  • 画像をクリップして一部だけを表示する
  • 読み込めない画像のパスを変更する
  • 画像の尺度と位置合わせをする
  • PDFをアタッチする

第6章 印刷とレイアウト

  • 印刷を理解する ~ページ設定と印刷スタイル
  • ページ設定を作成/保存する ~モデルタブ
  • ページ設定を作成/保存する ~レイアウトタブ
  • ロング版のページ設定を作成する ~レイアウトタブ
  • 印刷を行う
  • 印刷を利用して画像を作成する
  • 連続印刷を行う
  • モノクロ印刷を行う
  • カラー印刷を行う
  • STBからCTBに印刷スタイルを変更する
  • CTBからSTBに印刷スタイルを変更する
  • 印刷スタイルを作成する ~CTB
  • 印刷スタイルを作成する ~STB
  • レイアウトを理解する ~モデルタブとレイアウトタブ
  • レイアウトタブを作成する
  • ビューポートを作成する
  • ビューポートの尺度を設定する
  • ビューポートの尺度を図枠に合わせて変更する
  • 尺度リストを作成する
  • ビューポートをクリップして一部だけを表示する
  • ビューポートを最大化して表示する
  • ビューポートを回転して表示する
  • レイアウトで線種を表示する
  • レイアウトをモデルに変換する
  • 図形の空間を変更する

第7章 ファイル管理

  • AutoCADで利用されるファイルを理解する
  • DXFファイルを開く
  • PDFファイルを読み込む
  • 他形式のファイルを読み込む
  • 図面修復管理からファイルを開く
  • ファイルのバージョンを下げて保存する
  • ファイルを常に同じバージョンで保存する
  • DXFファイルで保存する
  • 他形式のファイルに保存する
  • 自動保存を設定する
  • バックアップを保存する
  • ファイルを選択するダイアログを表示する
  • ファイルを修復する
  • ファイルを修復して開く
  • 開いているファイルを切り替える ~図面タブ
  • 開いているファイルを切り替える ~リボン
  • ファイルサイズを小さくする ~名前削除
  • ファイルサイズを小さくする ~尺度リスト
  • ファイルサイズを小さくする ~画層フィルタ
  • ファイルサイズを小さくする ~重複した図形を削除
  • ファイルサイズを小さくする ~必要のない図形を削除

第8章 設定

  • ハッチングのオブジェクトスナップを設定する
  • オブジェクトスナップトラッキングを設定する
  • 点を画面に表示する
  • 図面単位を設定する
  • UCSを理解する
  • 3点指示でUCSを設定する
  • 図形指示でUCSを設定する
  • 画面に水平垂直なUCSを設定する
  • UCSをWCSに戻す
  • UCSアイコンを表示する
  • UCSアイコンを原点に表示する
  • 画面を回転する
  • モデルタブの背景色を変更する
  • レイアウトタブの背景色を変更する
  • パレットの表示位置を設定する
  • コマンドウィンドウの履歴を表示する
  • マウスホイールのズーム速度を変更する
  • メニューバーを表示する
  • リボンの色を変更する
  • ステータスバーのボタンを表示する
  • コマンドウィンドウを表示する
  • リボンの表示を切り替える
  • ピックボックスの大きさを変更する
  • 設定を初期状態にする

第9章 活用

  • 図形をグループ化する
  • グループ化された図形の一部を選択する
  • グループを解除する
  • 選択した図形を非表示にする
  • 選択した図形以外を非表示にする
  • 図形の非表示を解除する
  • 注釈尺度を理解する
  • 注釈尺度を利用した文字を作図する
  • 注釈尺度を利用した寸法を作図する
  • クラウドにDWGファイルを保存する
  • クラウドからDWGファイルを開く
  • 3D表示を2D表示にする
  • ズームで図形がなくなった場合に対処する
  • テンプレートを作成する

著者プロフィール

芳賀百合(はがゆり)

元は土木設計事務所のCADオペレーターで,AutoCAD暦は15年以上。現在は,初心者にはわかりやすく指導し,上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。ブログ(http://yuriblog.acad.me)でAutoCADのカスタマイズや3DCADなどに関する情報を公開。