新刊ピックアップ

現場の実践テクニック,全部見せます!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

広告やポスター,チラシ,雑誌,Webサイト…これらを見るとまず目に飛び込んでくるのが写真!! ですよね。詳しい情報は文字を読まなければわかりませんが,最初の印象を決めるのはやっぱりビジュアル要素。中でも多く利用されるのが,写真です。ポスターや雑誌に掲載された写真は,多くの場合フォトグラファーによって撮影されます。けれども,撮影して終わり,ということではありません。撮影された写真はデザインにあわせて,レタッチ・合成が行われるのです。

こうしたレタッチ・合成は,専門のレタッチャーと呼ばれる人が担当することもあれば,デザインと並行してデザイナーが行うこともあります。そして今回ご紹介する飯田かずなさんのように,写真を撮影したフォトグラファーが,撮影後にレタッチと合成を行い,それからデザイナーに渡すということも多くあるのです。

飯田かずなさんは,書籍『ブスの瞳に恋してる』や映画『ラブ×ドック』など,広告・雑誌・写真集などを中心に多方面で活躍するフォトグラファーです。そして,飯田さんの特徴はその作風にあります。とにかく色鮮やかで(ビビッド)⁠奇抜(キッチュ)⁠ どの作品にも,飯田さんにしか出せない世界観があふれています。

画像

画像

このように飯田さんにしか出せない「色」がある一方で,飯田さんが行っているのは特別なことではありません。パソコンとPhotoshop,カメラがあれば,方法としては誰でもできるはずのことなのです。しかし,道具は誰でも使えるものであっても,そこには飯田さんならではの準備と工夫,アイデア,テクニックが張り巡らされています。その結果が,⁠飯田かずな」ブランドになっているというわけです。

そんな飯田さんが「考えていること・実践していること」は,普段は外側には漏れてきません。人の目に触れるのは「結果」としての作品だけで,⁠プロセス」はブラックボックスの中に入っています。そして,そんな門外不出の創作プロセスをすべて明らかにしたのが,ビビッド&キッチュ! Photoshopレタッチ・合成 Super☆Makingというわけです。森三中の大島美幸さん,白鵬関など,どこかで「見たことある!」写真の,アイデア段階から実際のレタッチ・合成プロセスまでを,実際のPhotoshopの操作にもとづいて手取り足取りていねいに紹介しています。

画像

フォトグラファーの皆さんも,デザイナーの皆さんも,もちろんそれ以外の仕事の皆さんも,現場のフォトグラファーが何を考え,どのようにレタッチ・加工を行っているのか,これを機会に覗いてみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントの記入