新刊ピックアップ

Unityで作るVRアプリとは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

昨今,VRアプリ(仮想現実)という言葉を耳にする機会が増えていませんか? 中にはすでにVR ZoneSEGA VR AREA AKIHABARAなどのアミューズメントパークやPlayStationなどのゲームでVR体験をした方もいるのではないでしょうか?

上記以外にもヘッドマウントディスプレイ写真1,2と呼ばれるVRゴーグルを装着してスマートフォンで簡単に体験することができます。

写真1 Vox+ Z3

写真1 Vox+ Z3

写真2 Google Cardboard

写真2 Google Cardboard

VRアプリを簡単作成できる「Unity」

VR体験した方の中には,⁠自分でもVRアプリ(ゲーム)を作ってみたい」と思う方もいるかもしれません。

単純にゲーム開発するには,動作をさせるための「プログラミングの知識」⁠キャラクターを動かすための「グラフィックの知識や行列計算などの数学知識」さらには「効果音やBGMを鳴らす方法」や爆発や炎などの「エフェクト表示」⁠メニュー画面などの「UI(ユーザーインターフェース)構築」ゲームパッド/スマートフォンからの「入力制御」などが必要になります。さらにそのアプリをVRに対応させるには「VRの知識」が必要となります。

これだけの知識をすべて一から身につけるには,学習やコスト面でも敷居が高く,この時点でゲームを作ることを諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし,そんな開発の難しい部分をわかりやすく・使いやすくまとめたのものがUnityなどのゲームエンジンと呼ばれるものです。Unityを利用することで,複雑なことをゲームエンジンがサポートしてくれるため,ゲーム開発を身近なものにしてくれます。

Unityの特徴

Unityのゲームエンジンとしての特徴を以下に示します。

  • C#,JavaScript(UnityScript)を利用してスクリプトを記述することで幅広い表現が可能
  • 3Dキャラクターのアニメーションを制御する「アニメーションシステム」
  • ゲームに欠かせない炎や爆発,竜巻といったエフェクトをパラメータの調整だけで作成可能
  • ボタンやリスト,スライドバーなどUIの機能が標準サポート

Unityはゲームエンジンの特徴以外にも以下の特徴があります。

  • 3Dモデルやアニメーション,マテリアルなどのアセットがアセットストアで入手可能
  • マルチプラットフォームのサポート
  • 収益化や生産性の向上など開発者をサポートするサービス表1

表1 豊富なサービス

サービス説明
Unity Adsゲーム内に動画広告などを表示
Unity Analytics継続率やプレイヤー行動などを解析
Unity CertificationUnity認定試験
Unity Cloud Buildクラウド上でアプリをビルドし共有できる
Unity Everyplayゲーム動画を録画・シェア
Unity IAPアプリ内課金
Unity Multiplayerマルチプレイ機能
Unity Performance Reportingアプリケーションエラーを収集・表示

このように,Unityはゲームエンジンの機能だけでなく,アセットストアやサービスを含めて総合的にゲーム開発の敷居を下げてくれていることが理解できたのでたのではないでしょうか。

「Unity」を使えば簡単に実現できるということはわかったけれど…

最後にそう言っても,そもそもVRアプリはもとより,Unityも使ったことがない…,そんな方にピッタリの書籍を紹介します。作って学べるUnity VRアプリ開発入門は,はじめてVRアプリ開発を体験したい人のための入門書です。身近なスマートフォン,開発環境にVRと親和性の高いUnityを利用することで,VRに必要な知識からVRアプリの開発工程まで一通りの体験ができます。また,3つの異なるVRアプリの作成を通して,Unityの基本的な機能を学ぶことができますので,Unityをはじめて体験する人にもおすすめです。

コメント

コメントの記入