新春特別企画

2018年,電子出版ビジネスはいよいよ普及のフェーズへ~高まる運用保守の意識

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

新年おめでとうございます。

2018年を迎えました。今年も,日本の電子出版市場の考察と専門出版社からの電子出版ビジネスの展望についてまとめてみます。

過去のコラムについては以下をご覧ください。

堅調に伸び続ける電子出版市場

まずは今年もインプレス総合研究所が発行した最新の電子書籍ビジネス調査報告書2017※1』の数字から紐解いてみます。

2016年度の市場規模は2,278億円,2017年度は電子書籍単体で2,000億円規模突破の見込み

※1の文献の調査数字によれば,2016年度に電子出版市場はついに2,000億円規模を突破(2,278億円)し,2017年度終了時点では市場規模は2,630億円に上ると予想されています。2014年(1,411億円)からの3年間で約1,200億円の市場拡大となりました。

電子出版総合電子書籍電子雑誌前年からの伸び
2014年1,4111,266145
2015年1,8261,584242415
2016年2,2781,976302462
2017年2,6302,280350352

単位は億円,2017年は予測値

中期で見れば堅調な伸びと言えますが,懸念点としては,2016→2017年の伸びが過去2年の年間の伸びより鈍化している点です。また,※1の資料では,今後3年間も伸びは緩やかになると予想しています。

コミックのジャンルに関しては電子の存在感が顕著に

この3年間で1,000億円を超える市場拡大をした要因としては,2015年の成長要因でもあった電子雑誌の読み放題の普及・浸透に加えて,電子コミック市場の爆発的拡大が挙げられるでしょう。

※1の資料でも,電子書籍全体の市場規模のうち,2016年度は1,617億円(約82%)となっており,中期で見たときの電子出版市場の成長を牽引した最大要因は電子コミックといっても過言ではありません。

コンテンツそのものの品質や価値はもちろんのこと,電子コミックにフォーカスしたプラットフォーム・アプリとスマートフォンのシェア拡大が一番の要因と言えるでしょう。

後者のスマートフォンの普及は,総務省の『平成29年版情報通信白書』の数字で2017年の世帯保有率は71.8%となっている他,各種調査でもこの数年間で大幅に伸びている状況になっています。

ユーザ一人ひとりがスマートフォンを持ち始めた状況の中,3年前の本コラムで紹介したLINEマンガpixivコミックのように既存のサービスユーザベースから拡張しているもの,あるいは電子貸本Renta!めちゃコミックのように携帯電話(いわゆるガラケー)からスマートフォンへシフトした定番サービス,さらには,少年ジャンプ+のように紙の雑誌をアプリ化しユーザに対応したものなど,単なる電子書店だけではないところで「スマホでマンガ」を体験する環境が整備された結果と言えるでしょう。

ちなみに今,ざっと挙げたサービス・アプリのリリースあるいはスマートフォンシフトが2012~2014年の間の出来事(他にも紹介しきれなかったサービス・アプリが多数あります)が,この3年間の伸びにもつながっていると筆者は考えます。

そろそろ電子出版市場“のみ”を特別視しなくても良い?

電子出版市場が伸びている一方で,出版市場全体については,新聞やテレビあるいはソーシャルメディアなど多数の場所で取り沙汰されているとおり,年々市場規模が縮小しています。

たとえば,出版科学技術研究所によれば2016年(1~12月期)の紙の出版市場は1兆4,709億円,去る2017年12月25日に同研究所が発表した予測によれば2017年(1~12月期)の紙の出版市場は1兆3,700億円の見込みと1年で1,000億の市場縮小です。先ほどの中期(2014年~2017年)で見ると2,360億円の減少となっています(2014年:1兆6,060億円,2017年:1兆3,700億円)⁠

この減少幅を見る限り,電子出版市場の伸びだけでは補えていません。逆説的な捉え方をすれば,楽天KoboやAmazon Kindleがリリースした2012年ごろによく言われていた「電子出版市場が紙の市場を食う」という仮説に対して,出版市場減少には電子化の波以外の,別の要因があると考えられるのではないでしょうか。このあたりについては,外部のメディアで取り上げられる意見や考えにむやみに流されず,出版業界・出版市場の当事者の課題として意識していくことが大事なのかもしれません。

その観点から,筆者自身は電子出版に関わる立場として,もうそろそろ電子出版市場をあえて特別視する,あるいは,⁠形態としての)紙と電子を必要以上に意識して比較する時期は終わってきているのではないかと考えています。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入