新春特別企画

プロ生ちゃんが聞く! 2015年のプログラミング言語動向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

F#

慧 関数型言語の最後は,F#! F#に情熱を燃やすF#のMicrosoft MVP(でもあった…!)bleis-tiftさんに聞いてみよう。

F#の2014年はどんな年でした?

2014年のF#のトピックを聞かせてください!

bleis-tift 言語面では,3.1.1,3.1.2とマイナーアップデートがあり,次のメジャーバージョンである4.0に向けての活動が活発にされた年でした。

また,F#は元々ソースコードが公開されていたものの,コア部分へのコントリビュートはこれまで受け付けていませんでしたが,2014年からはコア部分(言語,標準ライブラリ,ツール等)へのコントリビュートが可能になりました。

よりオープンな言語になったんだね。

bleis-tift 開発環境面では,言語サービスであるFSharp.Compiler.Serviceを使ったツールが発展した年でした。これを使ったVisual F# Power Toolsという拡張機能によって,F#での開発効率は格段に向上しました。

F#のイベント関連の話題もありますか?

bleis-tift 日本では夏に「F# Meetup in Tokyo」というイベントも開かれ,多くの方が参加しました。また,ここ数年日本で行われているF# Advent Calendarですが,2014年はこれが海外にも波及して英語版が開催されたのも印象深かったです。

F#の2015年を教えてください!

2014年は,日本でのF#愛が,海外にも伝わったんだね。2015年のF#はどうなりそうですか?

bleis-tift 2015年は,Visual Studio 2015の登場に合わせてF# 4.0がリリースされると思われます。予定では,新年早々に新機能の追加は完了し,1月の終わりにはリリース候補版が公開されることになっています。

F# 4.0では,言語や標準ライブラリの使い勝手を向上させる機能等が追加されるため,リリースが待ち遠しいですね。

開発環境面でも,Visual F# Power Tools等の開発は活発に行われていますので,2015年もF#での開発はより便利になっていくと期待できます。

F# 4.0のリリースまでの予定は,Visual Studio F# Team Blogで確認できるね。F# 4.0楽しみだね!

bleis-tift はい。F#を仕事で使っているという人も以前より見かけるようになってきたので,2015年はより多くの事例が出てくることを願っています。もちろん,趣味でF#する環境も整っているので,ちょっとでも興味が出た方は,ぜひF#しましょう!

ありがとうございました!

bleis-tift

なごやではたらくゆるふわF#er

Twitter:@bleis
ブログ:http://bleis-tift.hatenablog.com/

C#

慧 最後は,C#のことならなんでも知っているC#たん! 今年もよろしくね!

C#たん よろしくお願いします!

C#の2014年はどんな年でした?

去年のC#,いろいろ話題があったよね? 聞かせてよ!

C#たん 大きな話題は2つ,オープンソース化・無償化が発表されたことと,Roslynの完成が見えてきたことですね。

元々,クラウド製品を中心に,マイクロソフトもオープンソース化が進んでいましたが,それが去年はC#や.NET全体に広がりました。4月にはC#の新しいコンパイラー(コードネームRoslyn,正式名称.NET Compiler Platform)をオープン化し,10月にはこれから.NET全体をオープン化していく方針が発表され,GitHubリポジトリが公開されました。単にソースコードが公開されているというものではなく,ちゃんと,オープンな議論の場があり,オープンにpull requestを受け付けています。

私も頑張ればC#の一部分が作れちゃうかも……! 無償化の話題の方はどんなの?

C#たん Visual Studioに,Communityエディションという,無償版が提供開始されました。教育用や,オープンソース開発への貢献などの用途で,機能的な制限なく(Professional相当の機能がフルに)使えます。

これまでにも,Expressエディションという無償版が提供されていましたが,こちらは,用途制限ではなく機能制限でした。

Visual Studio Communityエディション,いろいろな機能が使えてすごいよね。公開直後にExpressエディションからCommunityエディションに乗り換えたよ。

C#たん オープンソース化や無償版の機能制限撤廃の狙いは以下のようなものです。

  • クロスプラットフォーム化
  • マイクロソフトが.NETの投資をできなくなったとしても有志でずっと保守できる安心感の提供
  • マイクロソフトからの一方通行の機能提供ではなく,開発者コミュニティの活性化

ふむふむ,なるほどー。Roslynの状況はどうなのかな?

C#たん Roslynは,去年の「プロ生ちゃんが聞く」で話した通り,IDEとの連携を考えてC#でC#コンパイラーを,VBでVBコンパイラーを書き直したものです。2013年までは,まず既存の言語機能の再実装,性能の改善やバグ修正が中心でした。しかし,2014年に入り,ついに,C# 6.0/VB 14の実装が始まりました。

C# 6.0/VB 14は,オープンな場を経て仕様が決まった初のバージョンになります。C# 5.0/VB 13以前では,.NETチームが仕様を固めてから仕様公開していました。それが今回から,緩い段階で仕様を公開し,オープンな場でのフィードバックを受けつつ仕様を固めていきました。

このような開発プロセスになったことで,初期の案から仕様が変わったり,C# 6.0/VB 14には入らない(C# 7.0/VB 15に回す)ことになったりした機能もあります。最近になって,C# 6.0/VB 14の最終的な仕様が固まりました。正式リリースに向けた最終段階に入ったといっていいでしょう。

⁠オープン」なC# 6.0とVisual Basic 14が出てくるんだね!

C#の2015年を教えてください!

今年も.NET関連は,大きな話題がありそうだよね?

C#たん 長らく水面下で動いていて,去年始めてプレビュー公開されたものが,今年次々とリリースされるはずです。.NET全体では,かいつまんで話すと,以下のようなものがリリースされます。

  • クラウド最適化版:同一サーバー内で,アプリごとに異なるバージョンの.NETを使えるようになります。また,C#ソースコードをサーバーに置くだけで,ビルド処理なしでASP.NETを実行できるようになります。
  • .NET Native:アプリストアのサーバー上でコンパイルを行い,モバイル端末には完全にネイティブ化した状態でアプリを配信できるようになります。
  • 新しいJITエンジン:SIMD命令に対応し,これまで.NETが苦手としていた大規模データ処理を高速化します。

C#は,どうかな?

C#たん C#も,先ほど説明した通り,ついに新しいバージョンである6.0がリリースされます。Roslynの正式リリースまでは既存機能の再実装だけで手一杯かと思われていましたが,C# 6.0として,細々とした便利な機能が追加されることになりました。

ただ,大きめの機能はいったん6.0からは外れています。これ以上リリースを遅らせたくないんでしょう。その「大きな機能」は,C# 7.0で実装されることになるはずです。C# 6.0のリリース作業と並行して,C# 7.0の仕様策定やプレビュー実装もオープンに行われるはずなので,今年はそこも注目です。

リリースされる6.0,そして次の「大きな」7.0に注目だね。今日は,楽しい話をありがとう!

C#たん

自分のことは棚に上げて,⁠萌えればいいってもんじゃないですよ?」が信条。その正体は某ゲーム内においてC#er達の精神的ケアを司るカウンセリング用人工知能。現在はGM権限こそはく奪されているものの,チート性能を持つ「ナビゲーション・ピクシー」として活躍中。嘘です。

Twitter:@csharp_tan

おわりに

慧 以上,新春スペシャルインタビューでした! どうだったかな? どの言語も使ってみたくなったでしょ? いろいろ選択肢があって嬉しいよね。あと……うん,わかってるよ。あの言語とかあの言語とかの話がないってことでしょ? それはね,ぜんぶ妖怪のせいなんだよ! 次の機会は,あなたともお話できると嬉しいな。

それじゃ,今年もよろしくね♪

著者プロフィール

暮井 慧(プロ生ちゃん)

都内の公立高校に通う女子高生。部活は,情報処理研究会。身体を動かすのも好きで,気が向いたときはなぜか体育会系の部活に混ぜてもらっていろんなスポーツをすることも。IT・開発系コミュニティのプログラミング生放送のキャラクターとして活動中!

サイト:http://pronama.azurewebsites.net/pronama/
Twitter:@pronama