新春特別企画

2018年のスマートスピーカー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

あけましておめでとうございます。よういちろうです。今年もよろしくお願いいたします。

昨年,日本に上陸したビッグウェーブがいくつもありましたが,その中でも「スマートスピーカー」は大きく期待された新しいデバイスです。テレビCMや広告などでGoogle HomeClova WAVEを目にする機会も多くなり,Amazon Echoも招待制ながら販売が開始されました。スマートスピーカーを実際に購入して利用を始めている読者もいることでしょう。ただし,現状ほとんどの人達が,⁠思っていたよりもできることが少ないな」という感想を持っているのではないでしょうか?

ここでは,今年はスマートスピーカーはどうなるのか,スマートスピーカーによって何がどのように推進されていくのか,そしてスマートスピーカーの先には一体何が待っているのか,それらの見通しを紹介してみます。

2017年末での日本の状況

最初に,簡単に昨年の動向を振り返っておきましょう。

スマートスピーカーの販売開始

日本における最初に販売が開始されたスマートスピーカーは,Clova WAVEでした(2017年10月5日)⁠その次の日に,Google Homeが販売を開始しました。Clova WAVEはオンライン(⁠Clova」公式サイト,Amazon,楽天)で販売が開始されたため,実機を目にする機会は購入した人のみでした。しかし,Google Homeはオンライン(Google Store,楽天)だけでなく,店頭販売(auショップ,ビックカメラ,ヤマダ電機)も最初から行われたため,多くの人が最初にGoogle Homeを見て「これがスマートスピーカーなのかー」と認識したことになります。現在はClova WAVEも店頭販売されていますので,家電量販店に行くことで,Clova WAVEやGoogle Homeを見ることができます。

それに対して,Amazon Echoは非常に限定的な販売戦略をとっています。購入するためには,まずAmazonのEchoサイトに行き,そこで招待メールをリクエストします。すると,後日招待メールが届き,それから4日以内に注文をするように促されます。そこで購入注文することで,Amazon Echoが家に届く,という流れです。そのため,Amazon Echoの実機を見るには,実際にAmazon Echoを購入するか,もしくは購入済みの人に見せてもらう必要があります。

利用可能な機能

スマートスピーカーの使い方は,

  1. スマートスピーカーの先にいるAIアシスタントにユーザが何か声で依頼する
  2. AIアシスタントからの応答をスマートスピーカーが発話する

という会話のキャッチボールの繰り返しとなります。ユーザがAIアシスタントに話しかける際には,表1のように各社それぞれ決まったフレーズがあります。

表1 AIアシスタントへの話しかけ方

AIアシスタント話しかける際のフレーズ
Googleアシスタントおっけー,グーグル,……。
ねえ,グーグル,……。
Amazon Alexaアレクサ,……。
コンピュータ,……。
Clovaクローバ,……。
ジェシカ,……。

その後に「○○と話す」「○○につないで」ということで,その○○に対応する各種機能を呼び出すことができます。その機能は,Amazon AlexaとClovaでは「スキル」⁠,Googleアシスタントでは「アシスタント(向け)アプリ」と呼びます。これらの数が多ければ多いほど,ユーザが利用できる機能が豊富にある,と言えます。

Amazon Echoが発売された時点では,日本向けに提供されたスキルは265個でした。それに対して,Google HomeとClova WAVEの発売時点では,アシスタントアプリやスキルは10個前後でした。つまり,次のような状況でした。

  • Google HomeとClova WAVEは,すぐに購入し使い始められるが,機能数はとても少ない。
  • Amazon Echoは,すぐに購入することができないが,利用可能な機能数が多い。

もちろん,音楽再生やradikoによるラジオのストリーミングなど,スマートスピーカーとして基本と言える機能は3つとも有しているのですが,大きな期待を抱いて購入したユーザの中には「これしかできないの?」と思って利用をやめてしまった人が多かったかもしれません。

プラットフォーム化の状況

スマートスピーカーに重要なこと,それは,スマートスピーカーはあくまでユーザインタフェースであって,そのインタフェースを使って何ができるのか?ということです。つまり,スマートスピーカーの便利さは,⁠質の高い機能がどれだけ多く提供されるか」にかかっています。個々の機能の開発をスマートスピーカー提供企業が自ら行うことには限界があります。そのため,AIアシスタントに多くの開発者が機能を提供できること,すなわち「プラットフォーム化されているかどうか」が重要な鍵となります。

昨年の時点では,Googleアシスタント,Amazon Alexa,そしてClovaのプラットフォーム提供状況は表2となります。

表2 AIアシスタントのプラットフォーム対応状況

AIアシスタントプラットフォーム提供状況
GoogleアシスタントActions on GoogleやDialogflowによるアシスタントアプリの開発と審査,公開が可能。
Google Assistant SDKによって,Googleアシスタント自体を様々なデバイスに組み込み可能。
Amazon AlexaAlexa Skills Kitを使ってAlexa向けのスキルを開発し,審査通過後に公開することが可能。
Alexa Voice Service Device SDKによって,Amazon Alexa自体を様々なデバイスに組み込み可能。
Clova提供なし。

GoogleアシスタントおよびAmazon Alexa向けには,法人ではなく個人でもアシスタントアプリやスキルを開発して一般ユーザに利用してもらうことが可能です。筆者も,Googleアシスタントアプリとして簡単なものを公開しています。もし暇な時間があれば,Googleアシスタントに「イートアンドバイトにつないで」と話しかけてみてください。簡単な3桁の数当てゲームで遊ぶことができます。

ポイントとしては,Googleアシスタントも,Amazon Alexaも,AIアシスタント向けアプリの開発環境だけでなく,AIアシスタント自体をデバイスに組み込むためのSDKも提供しています。これにより,GoogleやAmazon以外のサードパーティベンダーがGoogleアシスタントやAmazon Alexaを組み込んだデバイスを開発し販売できます。日本においても表3のように,いくつかのサードパーティーベンダーからスマートスピーカーが発売されています。このように,プラットフォーム化を遂げているGoogleアシスタントとAmazon Alexaは,その勢力圏を着実に広げています。

表3 日本で販売されているサードパーティー製のスマートスピーカー

メーカー名モデル名AIアシスタント
SonyLF-S50GGoogleアシスタント
AnkerEufy GenieAmazon Alexa
OnkyoSmart Speaker G3Googleアシスタント
HarmanJBL LINK 10/20Googleアシスタント

一方,Clovaについては,プラットフォームの提供は今年となることが,昨年の9月に行われたLINE DEVELOPER DAY 2017にて発表されています。具体的には,GoogleアシスタントやAmazon Alexaと同じように,2つの開発キットが提供される予定です。

  • Clova Interface Connect:デバイスやアプリケーションにClovaを接続するためのSDKやAPI
  • Clova Extension Kit:Clova上で他のアプリケーションを実行するためのAPI

この2つが提供されれば,GoogleアシスタントやAmazon Alexaと同レベルのプラットフォームが整備されることになるでしょう。

著者プロフィール

田中洋一郎(たなかよういちろう)

1975年2月生まれ。業務アプリ向けの開発ツールやフレームワークの設計に携わった後,mixi Platform,LINE Platformの技術統括を行う。日本でのソーシャルアプリケーションの技術的な基礎を確立しただけでなく,メッセージングアプリにおいても世界に先駆けてBOT Platformの立ち上げを主導した。その後もプラットフォームのさらなる進化に日々チャレンジしている。趣味で開発しているChromebook向けアプリは,Google Open Source Programs Officeから評価を得ている。Google Developers Expert(Web Technology担当)。Mash up Award 3rd 3部門同時受賞。著書『OpenSocial入門』,『開発者のためのChromeガイドブック』,『ソーシャルアプリプラットフォーム構築技法』。

コメント

コメントの記入