MySQLをチューニング,そしてスケールアップ/スケールアウトへ

第3回 MySQLチューニング(2) 設定項目と稼働状況の確認

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

稼働状況の確認方法(2)-MySQL Enterprise Monitor

MySQL Enterprise MonitorはMySQL Enterprise Editionで提供されている監視ツールです。OSやMySQLサーバ内のリソース利用状況について複数のMySQLサーバを一括して監視可能です。通常の利用には監視対象の各サーバにエージェントプログラムを導入する必要がありますが,クラウド環境等でエージェントプログラムを動作させることができない場合には,エージェントレスモードにてMySQLサーバ内のリソース利用状況のみ監視することができます。

図7 MySQL Enterprise Monitorのダッシュボード画面

図7 MySQL Enterprise Monitorのダッシュボード画面

MySQL Enterprise Monitorでは全てのSQL文の稼働統計を取得するQuery Analyzer機能が含まれています。このQuery Analyzerでは各SQL文の実行回数,実行時間や送信されたレコード数,データサイズが集計されます。Query Analyzerを利用することで,チューニング対象とすべきSQL文が簡単に抽出でき,問題となり得るフルテーブルスキャンや誤ったインデックスの利用など画面上から確認可能です。また,JavaアプリケーションからSQL文が実行されている場合にはスタックトレースも表示されるため,問題となるSQL文を実行しているアプリケーションの箇所を簡単に見つけることができます。

図8 Query Analyzer

図8 Query Analyzer

MySQL Enterprise EditionではMySQL Enterprise Monitorの他にも,大規模およびミッションクリティカル環境での運用を支援する各種のツールやサービスが提供されています。

表 MySQL Enterprise Editionで提供されるツールやサービス

ツールやサービス名 説明
MySQL Enterprise Backup 高速なオンラインバックアップ,ポイントインタイムリカバリ
MySQL Enterprise Scalability Thread Poolプラグインによる性能拡張性の向上
MySQL Enterprise Security LDAPやWindows Active Directoryでの外部認証
MySQL Enterprise Audit ユーザ処理の監査,Oracle DBと同じツールで管理可能
MySQL Enterprise Encryption より強固な非対称暗号化
MySQL Enterprise High Availability Oracle Clusterware, DRBDなど用途に応じた動作検証済み構成
Oracle Premier Support 24×7, インシデント無制限,コンサルティングサポート

次回は

次回はMySQL 5.5で実装され,MySQL 5.6で本格的に利用可能となったパフォーマンススキーマについてご紹介いたします。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。