きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

File.#007 社内プチミステリ(連載第69回)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

ある日
ふと上司の指が黒く汚れていることに気づきました。

よく見てみると,何か文字が書かれている模様。メモを手に書くというのはよくありますが,あんな指先に書くかなぁ… と考えてさらによく見ると,アルファベットが不規則に書かれています。

そこですべての謎が解けました。

上司はブラインドタッチで,それぞれの指が担当するキーのアルファベットを指に書いていたんです。

謎が解けてすっきりする反面,いや,その方法でブラインドタッチが上達するのか? という疑問は残りました。

ケンボー(男/25歳/その他事務職)

そ…それは多分あれですよ,いきなりゴールを高めに設定するんでなくて,ほらあの,とりあえず運指からとかそういうの。百里の道も一足からとかそういうの。

…多分。

※この連載は,きたみりゅうじの聞かせて珍プレーのバックナンバーから ,きたみさんセレクトによる傑作選をお届けしています。

投稿大募集

この連載の本体企画きたみりゅうじの聞かせて珍プレーでは皆さんの投稿を熱望中。職場のトンデモ体験や笑える失敗,驚き体験等,手ぐすね引いてお待ちしております。応募はこちらのページから。本採用の暁には「きたみりゅうじの聞かせて珍プレー」にて4コマつきで大公開させていただきます。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttp://www.kitajirushi.jp/

Twitterhttp://twitter.com/kitajirushi

コメント

コメントの記入