きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

File.#017 不死の願い(連載第58回)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

先日,社内で学習の一環としてマシンを組み立てました。

箱と電源は社内にあった余ったものを使い,その他マザーボード,CPU,メモリ,HDDなどは新規に購入して,なかなか良いスペックのマシンができあがりました。

次に決めなければいけないのがマシン名。

いろいろと名前の候補は出ましたが,⁠いいスペックなんだし,重要サーバとして使おうよ」⁠だったら壊れてほしくないよね」という流れから,マシン名はフェニックス(phoenix)に決まりました。

無事マシン名も決まったことだし,OSをインストールするためさっそく電源オン!

電源を入れた途端,パチン!と音がして,なにやら焦げた臭いが…。ふたを開けて確認すると,電源が焼けてました。

不死鳥は飛び立つことなく死にました

キリアキ(男/25歳/プログラマ・SE)

わははは,最後のフレーズに思わず笑ってしまいました。そういえば,コンピュータの名前って確かにけっこう悩んだりしますよね。

この投稿を読んで,昔某社へ出向してた際に名付けたマシンのことを思い出しました。当時としては最新鋭のスペックで,CPUはPentium 166MHz,OSはWindows 95。サクサクとウィンドウが開閉する様に「スゲースゲー」と大笑いしたものです。

いや,当然自分たちのマシンではなくて,お客さんのものなんですけどね。あれやこれやと候補を出して,最終的に付けた名前はミリオン」⁠

当時はこのスペックのパソコンが,100万円したんです…。

※この連載は,きたみりゅうじの聞かせて珍プレーのバックナンバーから ,きたみさんセレクトによる傑作選をお届けしています。

投稿大募集

この連載の本体企画きたみりゅうじの聞かせて珍プレーでは皆さんの投稿を熱望中。職場のトンデモ体験や笑える失敗,驚き体験等,手ぐすね引いてお待ちしております。応募はこちらのページから。本採用の暁には「きたみりゅうじの聞かせて珍プレー」にて4コマつきで大公開させていただきます。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttp://www.kitajirushi.jp/

Twitterhttp://twitter.com/kitajirushi

コメント

コメントの記入