きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第131回 序列の因習

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

よく聞く都市伝説に「書類に印鑑を捺す時,上司に向かってお辞儀してるようにちょっと傾けて捺す」という意味不明な序列の因習がありますが,知人はそれに似た経験をしたことがあるそうです。

それは会社の備品が壊れた時(たとえばPCや椅子)⁠新しく購入されたものは部内の一番上の役職のものになり,そのお下がりがその下の役職,その人が使ってたものはまたその下の役職と繰り下がって使う決まりがあったようです(部長PC→課長に・課長PC→主任にという感じ)⁠

もちろんそのための設定やデータ移行はすべて一番下っ端がやるハメに……。使う備品にまで序列を踏襲するのかと,知人はげんなりしたそうです。

KEAN(男/29歳/その他事務職)

これはすばらしき腐り具合!

普通に考えたら,機材の活用度って,序列の逆順ですものね。こんな非効率なことをしていて,この会社が今も生き残れているのか。是非ともこそっと教えてもらいたいところです。

※この連載は,最新記事を含めて5回分の公開になります。

投稿大募集

みなさんが仕事の現場で体験,または目撃した出くわしたトホホな失敗,思わずうなる珍プレーを投稿してください(500~600字程度)⁠採用された方にはQUOカード3000円分を差し上げます。応募はこちらのページから。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttps://oiio.jp/

Twitter@kitajirushi