MySQL道普請便り

第87回 MySQLでケーキを焼いてみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

この記事はMySQL Casual アドベントカレンダーの25日めの記事になります。

メリークリスマス! 皆さんMySQL好きですよね! そしてケーキが好きな人も多いと思います。なので今回は,12月25日ということでMySQLでパウンドケーキを焼いてみたいと思います。

仕組みとしては,MySQLのUDFからArduinoのPINの値を変更します。そして,Arduinoの値でリレーつき電源を動かしてオーブントースターにつながるコンセントの電源をON/OFFするという方法を取りました。

注意事項

また,今回の記事を見て試してみようと思った方は,通常の「道普請」の記事とは違い,圧倒的にやけど,感電等の怪我や事故に直結する可能性が高いので,追試を行う際には気をつけて試してみてください。

検証環境

今回はYumでインストールをしたMySQL 8.0.13と,システムワイドにインストールしたrbenvとruby-buildを利用してインストールをした2.5.3を利用しました。Arduinoの開発環境のバージョンは1.8.5です。今回,開発環境のインストール方法に関しては説明を行いません。

ケーキを焼くための道具

オーブントースターとリレー付き電源,そしてGPIOと接続するためのUSBケーブルとArduinoを利用して,ケーキを焼いていきます。リレー付き電源は,サンワサプライ社製のTAP-RE34U-5を利用しております。通常の使い方では,PCとUSBでつないでおいて,PCの電源が切れたら連動したタップのコンセントの通電も切れるという仕組みです。今回はこの電源を利用します。

連動タップのコンセント口

連動タップのコンセント口

右側の色が違うコンセントには常に電流が流れていて,左側の「連動」と書かれたコンセントはUSBの信号に合わせて電気が流れたり止まったりします。

連動タップ付属のUSBの口

連動タップ付属のUSBの口

上の写真の右側のUSBコネクタをPCに挿して使うことを想定しています。こちらのUSBに電流が流れると,⁠連動」と書かれたコンセントに電気が流れ始めます。そこで,今回はこちらのUSBのケーブルのグラウンドとVCCをArduinoとを接続します。

Arduino接続用のUSBケーブル

Arduino接続用のUSBケーブル

ケーブルのGNDをArduinoのGNDに,今回の信号ピン(12)をVCCにつなぎます。逆にすると流れないので注意しましょう。12ピンがtrueになり電流が流れると,オーブントースターへ電流が供給されるようになります。

オーブントースターは機械式のものを使っています。電源がONになった時に勝手に電源が入るように,雑ではありますが目一杯ダイヤルを回した後にガムテープで止めました。

ダイヤルをガムテープ止め

ダイヤルをガムテープ止め

このようにすることで,電源が入ると自動でオーブントースターに火が入るようになりますが,この状態で使用するのは危険なため利用するときには,目を離さないように注意をしてください。これらをこの写真のようににつないだら準備が完了です。

最終的なセッティング

最終的なセッティング

著者プロフィール

木村浩一郎(きむらこういちろう)

株式会社オプティム 技術統括本部のエンジニア。最近はミドルウェア・インフラ周りのことも少しずつ学習しています。趣味は将棋。好きな戦法は四間飛車。

Twitter:@kk2170