OSSデータベース取り取り時報

第29回 MySQL & PostgreSQL & Cassandraの主なニュース,PGConf.ASIA 2017イベントレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

本年もこちらの連載をよろしくお願いいたします。今回はMySQLならびにPostgreSQL,そしてCassandraの2017年の主なニュースをご紹介してまいります。また,2017年12月に開催された「PGConf.ASIA 2017」では,PostgreSQLをテーマに豪華なスピーカー陣によるセッションが行われました。

[MySQL]2017年12月の主な出来事

2017年12月はMySQLサーバーやMySQL Clusterのリリースはありませんでした。11月30日にMySQL Shell 1.0.11およびMySQL Connector/J 5.1.45が,また12月9日にMySQL Connector/Net 6.10.5のバグ修正を中心とした各マイナーマイナーバージョンがリリースされました。また,商用版の監視ツールMySQL Enterprise Monitorは同梱されるOpenSSLやApache Tomcatをバージョンアップした4.0.2, 3.4.5, 3.3.7の各マイナーバージョンがリリースされています。特にMySQL Enterprise Monitorは同梱される製品のセキュリティ脆弱性への対策ともなっていますので,ご利用中のお客様はバージョンアップをご検討ください。

また,12月21日にNECから「Oracle MySQL(技術相談セット)⁠として,商用版MySQLと独自の24時間365日の日本語技術相談対応をセットにした商品を2018年1月から提供開始する旨が発表されました。

2017年MySQL重大ニュース

ここでは2017年のMySQLに関する出来事を振り返ってきます。

1MySQL 8.0 Release Candidateリリース
次世代版MySQLサーバーの開発が進み2017年10月にリリース候補版に
2MySQL InnoDB Cluster GA
グループレプリケーションとMySQL Routerを組み合わせた高可用性パッケージリリース
3クライアントプログラム&接続部品のバージョンルール変更
MySQL 8.0の新機能をサポートするクライアント側のモジュールは8.0に統一
4Docker Images for MySQL Clusterリリース
Dockerの公式イメージとしてMySQLサーバーに加えてMySQL Clusterも提供開始
5MySQL 5.7 Secure Deployment Guide(英語版)
第28回でもご紹介したMySQLサーバーをセキュアに運用するためのガイドを公開
6NEC,商用版MySQLと24時間365日の日本語技術相談対応をセット化した商品を販売開始
MySQL Specialized PartnerであるNECによるMySQLソリューション
7MySQL 8.0での日本語関連機能の強化
MySQL 8.0にて日本語用Collation(照合)の追加やUTF-8利用時の性能向上など
8MySQL Clusterへの対応を強化したMySQL Enterprise Monitor 4.0リリース
GUIデザインの改良とMySQL Cluster構成の自動検出機能を追加

2018年は,MySQLは次期メジャーバージョンの8.0の製品版リリースに向けた開発が佳境を迎え,MySQL 8.0の製品版リリース後にはMySQL Clusterのメジャーバージョンアップも想定されます。クライアントプログラムなどのバージョンルール変更の記事の中では,バージョン番号の例として9という文字も登場していました。MySQL 8.0の先の世代の仕様策定に向けたコミュニティからの機能追加要望のヒアリングも重要な活動となっていきます。MySQL 8.0で実現するアプリケーション開発効率の向上から,より新しいアプリケーション開発への対応,さらにはクラウドプラットフォームやサービスのための改良など,この先もMySQLの進化から目が離せません。

[PostgreSQL]2017年12月の主な出来事

2017年11月22日にPgpool-II 3.7がリリースされました。このリリースでは10月にリリースされたPostgreSQL 10に対応したほか,Amazon Aurora対応,クオーラム合意方式のフェイルオーバ,ロジカルレプリケーション対応など多くの機能追加,バグ修正が行われております。

2017年PostgreSQL重大ニュース

ここでは2017年のPostgreSQLに関する出来事を振り返ってきます。

1PostgreSQL 10リリース
2017年10月5日にPostgreSQL 10.0がリリースされました。このリリースではロジカルレプリケーション,宣言的テーブルパーティショニング,パラレル問い合わせの大幅な拡充,同期レプリケーションにおけるクォーラムコミット,SCRAM-SHA-256認証などの改良が行われました。
2バージョン番号付与ルール変更
PostgreSQL 10よりバージョン番号の付与ルールが変更となっております。これまではメジャー番号は9.4→9.5→9.6と増えていましたが,今後は10.0→11.0→12.0とあがっていきます。次のメジャー番号は11.0となります。
3PostgreSQL 9.2のEOL
2017年9月にPostgreSQL 9.2はEOLを迎えました。2017年11月にリリースされたPostgreSQL 9.2.24が最終のアップデートとなり,今後はアップデートやセキュリティパッチの提供は行われませんのでご注意ください。
4JPUGリニューアル
2017年3月にJPUGのWebサイトならびにLet's PostgreSQLサイトがDrupal 8ベースにリニューアルされました。
5PGConf ASIAが今年も日本で開催
昨年に引き続き,今年もPGConfASIAが日本で開催されました。

PostgreSQL関連イベントのレポート

PGConf.ASIA 2017

アジア圏最大級のPostgreSQLイベントである「PGConf.ASIA 2017」が,12月4日~6日に東京秋葉原にて開催されました。

画像

昨年同様となる開発者向けセッションとエンタープライズ向けセッションに加えて,今年はこれからPostgreSQLを導入するビジネスユーザ向けのセッションが追加されました。

基調講演では,Moscow UniversityのOleg Bartunov氏が拡張性の高いPostgreSQLのUniversal Databaseとしての未来を示し,Equnix Business SolutionsのJulyanto Sutandang氏がインドネシアにおけるPostgreSQL導入の成功事例を紹介しました。

日立製作所の稲垣氏NTT OSSセンタの澤田氏NTTデータの石井氏アシストの喜田氏SRA OSS, Inc. 日本支社の石井氏日本 PostgreSQLユーザ会の高塚氏など,非常に豪華なスピーカー陣となっていました。

画像

また,最終日であるDAY2のオフィシャルパーティでは,LT大会とともに仮面女子によるシークレットライブ&握手会が開催されるなど異常な盛り上がりの中で閉幕しました。

当日の講演資料は一部を除きPGConf.ASIA 2017のWebサイトで公開されています。

著者プロフィール

山本文彦(やまもとふみひこ)

TIS株式会社

アプリ兼インフラエンジニアとしてさまざまなECサイトの開発現場を担当後,現在はOSSサポートサービスにおいて技術コンサルティングや保守サポートに従事。PostgreSQLだけでなく,MySQL, OracleなどのRDB,Amazon DynamoDBといったNoSQLなどさまざまなDB製品の利用経験を活かして,OSS製品の普及活動に力を注いでいる。


木本吉信(きもとよしのぶ)

DataStax Inc.

OSからデータベース,各種アプリケーションの国内導入やローカライズにかかわる仕事を株式会社創夢,イデアコラボレーションズ株式会社,Japan Leadershipで,学生時代から現在に至るまで30年に渡り行う。業務として,また業務の傍ら,マニュアルや書籍,記事の翻訳や監訳・執筆なども行う。


梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


和田真輝(わだまさき)

特定非営利活動法人LPI-Japan

通信キャリア系企業でOpenStackを利用したプライベートクラウドなどの開発・保守運用に携わる。2016年より,LPI-Japanのテクノロジー・ディレクターとして,Linux,OSSのデータベースソフトウェア,クラウドソフトウェアであるCloudStackやOpenStack,更にはHTML5の認定試験開発を担っている。

コメント

コメントの記入