OSSデータベース取り取り時報

第36回 MySQL 8.0へのバージョンアップ方法,PostgreSQL 11ベータ2リリース,MongoDB 4.0 リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

MongoDBのご紹介

MongoDBは,オープンソースソフトウェアのNoSQLに分類されるドキュメント指向データベースです。世界で人気のあるデータベースのランキングを公表しているDB-Engines Rankingでも,Oracle,MySQL,Microsoft SQL Server,PostgreSQLなどのRDBMS製品に続いて,5位となっております。スコア的にも,NoSQLデータベースの中では頭一つ抜けています。MongoDBを開発する会社,米国のMongoDB Inc.は昨年10月にナスダックに上場しており,開発に強くコミットしています。世界中の多くの開発者からの支持も,ダウンロード数やオンライン教育受講者数に表れています。

  • 累計ダウンロード数3,500万以上
  • 日本での累計ダウンロード数100万以上
  • 無償オンライン教育受講者延べ100万人以上

MongoDBは,製造,金融,通信,EC,インターネットサービス企業などさまざまな業種で活用されています。MongoDBを利用しているユーザの方々にとって,MongoDBのメリットは次のとおりです。

  • JSONをそのまま格納できる
  • テーブル,スキーマの設定が不要
  • 使いやすくセルフラーニング環境が揃っている
  • 事例や実績が豊富である

MongoDBは,ビッグデータをオンラインで活用するオペレーショナルデータベースとして,デジタルトランスフォーメーションの重要なプラットフォームです。日本でも,もっと多くの方にMongoDBを知っていただき,ビッグデータの処理能力を向上,ビジネスの変化対応力向上のお役に立てていただければと思います。MongoDB Community Serverは,このリンクからダウンロードしてください。また,インストール方法も,英文になりますがご確認ください。

[MongoDB]最新リリース情報

MongoDBのリリース情報 (2018年7月25日現在)

メジャーリリース
MongoDB 4.0 2018/6/27リリース
マイナーリリース
MongoDB 3.6.6 2018/7/16リリース
MongoDB 3.4.16 2018/7/10リリース
MongoDB 3.2.20 2018/5/10リリース

MongoDB 4.0の主な新機能と変更点

  • 複数ドキュメントでのACIDトランザクションをサポート,ただしレプリカセットのみ。スタンドアロン,シャーディングは対象外
  • aggregation オペレーターとして新しいデータの型変換や文字列の$trimなどを追加
  • SCRAM-SHA-256をサポート
  • 無償でfree Cloud monitoringを提供
  • WindowsのインストールでMongoDBをサービスとし起動する設定が可能
  • MONGODB-CRサポートを削除
  • MMPAPv1ストレージエンジンを非推奨(Deprecate)となり将来は廃止予定
  • レプリカセットにおいてWiredTigerストレージエンジンのノードで--nojournalまたは storage.journal.enabled: false は指定できない

MongoDB 4.0に対応するDriverのバージョン

C 1.11.0
C++ 未対応
C# 2.7
Java 3.8.0
Node 3.1.0
Perl 2.0.0
PHP 1.5.0
Python 3.7.0
Ruby 2.6.0
Scala 2.4.0

最新のDriverリリース情報(2018年7月25日現在)

C 1.12.0 2018/7/18リリース
C++ 3.3.0 2018/6/13リリース
C# 2.7.0 2018/6/26リリース
Java 3.8.0 2018/6/26リリース
Node 3.1.1 2018/7/5リリース
Perl 2.0.1 2018/7/10リリース
PHP 1.5.1 2018/7/9リリース
Python 3.7.1 2018/7/16リリース
Ruby 2.6.1 2018/7/11リリース
Scala 2.4.0 2018/6/26リリース

2018年8月開催予定のセミナーやイベント,ユーザ会の活動

オープンソースカンファレンス 2017 Kyoto

日程 2018年8月4日(金),5日(土)
場所 京都リサーチパーク(KRP)東地区(OSC総合受付:アトリウム)
内容 オープンソースのコミュニティや協賛企業,後援団体によるオープンソース関連のセミナーや展示などをお楽しみ頂けます。日本オラクルのMySQLチームによるMySQLに関する講演とブース展示,JPUGによるPostgreSQLに関する講演とブース展示が予定されています。
主催 オープンソースカンファレンス実行委員会

db tech showcase Tokyo 2018

日程 2018年9月19日(水⁠⁠~21日(金)
場所 秋葉原UDX Conference 6F
内容 db tech showcase は,世界中からトップ技術者が集まり,⁠データベース技術のオモテもウラも語る⁠⁠ をテーマに,最先端テクノロジー,現場で得たノウハウ,活用事例を共有するテクノロジーカンファレンスであり,データベースに携わるすべての技術者に「学び」⁠気づき」⁠変化」を提供する場です。日本オラクルのMySQLチームによるMySQL 8.0の技術情報に関する講演,MySQLを利用中の企業からの導入事例,MySQLコミュニティからの講演が予定されています。
主催 株式会社インサイトテクノロジー

PostgreSQL Conference Japan 2018(講演募集中)

日程 2018年 11月 22日(木)
※講演募集締め切りは 2018年9月1日です
場所 AP八重洲通り 東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル
内容 PostgreSQLの国内総合カンファレンス。PostgreSQLに関わる方がさらに知見を深めるのにはもちろん,PostgreSQLの知識をこれから得たいという方にも最適なコンテンツが予定されています。
主催 日本PostgreSQLユーザ会(JPUG)

著者プロフィール

山本文彦(やまもとふみひこ)

TIS株式会社

アプリ兼インフラエンジニアとしてさまざまなECサイトの開発現場を担当後,現在はOSSサポートサービスにおいて技術コンサルティングや保守サポートに従事。PostgreSQLだけでなく,MySQL, OracleなどのRDB,Amazon DynamoDBといったNoSQLなどさまざまなDB製品の利用経験を活かして,OSS製品の普及活動に力を注いでいる。


梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


有延敬三(ありのぶけいぞう)

MongoDB Inc.の日本代表として,MongoDBの日本での普及を推進。BEA,Plumtree,ウイングアーク1st,TalendなどのIT企業のマネジメントを歴任。


池真之(いけまさゆき)

OSSのトレーニング,コンサルティング,サポートを行う10X Vision株式会社代表。BEA,Webroot,AkamaiなどのIT企業のマネジメントを歴任。MongoDBと共にApache Lucene/Solr,AlfrescoなどのOSSプロダクトの普及をパートナーと共に推進。