連載

書いて覚えるSwift入門

 

次のページへ

  • 第27回 静かなること型の如し
    • 型の完全理解は可能か?
    • 0 == 0.0 // compile error
    • 引数をそのまま返すだけの簡単なお仕事
    • 得意なことは違うから
    • オレオレプロトコルの書き方
    • 次回予告

    2017年6月19日[初出:Software Design 2017年7月号(2017年6月17日発売)]

  • 第26回 等しさと文字列と型の強さと
    • APFSの秘密を解く
    • てんでんばらばらちんぷんかんぷんまとまらない?
    • 次号予告

    2017年5月18日[初出:Software Design 2017年6月号(2017年5月18日発売)]

  • 第25回 Anything is nothing
    • Swift on FreeBSD
    • Anything is nothing
    • JSON型を作ってみる
    • 次号予告

    2017年4月18日[初出:Software Design 2017年5月号(2017年4月18日発売)]

  • 第24回 型の探求
    • From AP to Z
    • 型の集まりもまた型
    • 型がないなら作ればいいのに
    • 次号予告

    2017年3月17日[初出:Software Design 2017年4月号(2017年3月18日発売)]

  • 第23回 型は苦しい(かもしれない)が役に立つ
    • なぜSwiftは静的な型を採用したのか?
    • varでも変えられないもの
    • 型ははめてなんぼ

    2017年2月23日[初出:Software Design 2017年3月号(2017年2月17日発売)]

  • 第22回 謹賀新言語
    • あらためてSwiftを始めませんか?
    • 安全,高速,豊かな表現力
    • Getting Started
    • 演習:言語処理系を実装してみる

    2017年1月18日[初出:Software Design 2017年2月号(2017年1月18日発売)]

  • 第21回 “hello again”を待ちながら
    • 連載作家殺しのアップル
    • Bad hombre
    • 最悪の脆弱性とは
    • Keep Walking

    2016年12月26日[初出:Software Design 2016年12月号(2016年11月18日発売)]

  • 第20回 Pokémon GO,iPhone 7,macOS(Sierra)
    • 一緒に歩くといいことあるよ!
    • ボタンのないiPhone 7,ボタンしかないPokémon GO Plus
    • Swift Playgroundsはモバイルプログラミングを実現するか?

    2016年12月21日[初出:Software Design 2016年11月号(2016年10月18日発売)]

  • 第19回 SwiftとPokémon GO
    • SiriまでやってるPokémon GO
    • 変わらないために変える
    • プログラムの進化,プログラマの進化

    2016年12月19日[初出:Software Design 2016年10月号(2016年9月17日発売)]

  • 第18回 APFSとSwift3
    • APFS―3度目の正直
    • APFSはオープンソース化されない?
    • swift.version++ // 廃止される機能
    • 次回に向けての予習

    2016年12月16日[初出:Software Design 2016年9月号(2016年8月18日発売)]

  • 第17回 WWDC2016の誤算
    • 静かなることWWDC2016のごとく
    • Learn Different=Differencial Privacy?
    • Virtual Private Cloud――もう1つの方法
    • Swift Playground for iPad
    • Swift 2.3からSwift 3へ

    2016年12月14日[初出:Software Design 2016年8月号(2016年7月16日発売)]

  • 第16回 創立40周年を迎えたApple
    • 不惑のApple
    • 99%
    • 1%
    • ではSwiftは?

    2016年12月12日[初出:Software Design 2016年7月号(2016年6月18日発売)]

  • 第15回 文字列の扱い
    • 文字列
    • A Brief History of Characters
    • Swiftにおける文字[列]?
    • 「Unicode潔癖症」?
    • String... the final frontier?

    2016年12月9日[初出:Software Design 2016年6月号(2016年5月18日発売)]

  • 第14回 型にまつわるプロトコルとLiteral Convertible
    • Xcode 7.3 with Swift 2.2
    • Literal Convertible
    • Swiftの'ミステリー'

    2016年12月7日[初出:Software Design 2016年5月号(2016年4月18日発売)]

  • 第13回 Protocol-Oriented Programming
    • 前回に引き続きPOP
    • PONS=Protocol-Oriented Number Systemの紹介
    • 1つで十分ですよ,わかってくださいよ!
    • Protocol-Oriented Programming = 正しいものが報われる世界
    • 予告

    2016年12月5日[初出:Software Design 2016年4月号(2016年3月18日発売)]

  • 第12回 Protocol Oriented Programming
    • すでに始まったPOP(Protocol Oriented Programming)の時代
    • ClassとStructやEnumの違い
    • 実践例[swift-complex]
    • Todo

    2016年12月2日[初出:Software Design 2016年3月号(2016年2月18日発売)]

  • 第11回 Swiftのオープンソース化
    • swift.isOpenSource == true
    • Swift on Linux:Getting Started
    • あらためて,オープンソースであるということ

    2016年11月30日[初出:Software Design 2016年2月号(2016年1月18日発売)]

  • 第10回 例外を避ける?
    • 唯一変わったのは,そのすべて
    • 次号は

    2016年11月28日[初出:Software Design 2015年12月号(2015年10月18日発売)]

  • 第9回 Swift 2で,何が変わるのか?
    • 収穫の秋
    • Apple「すべてのSwift 1.xプロジェクトを,生まれる前に消し去りたい」
    • What's new in Swift 2
    • まとめ

    2016年11月25日[初出:Software Design 2015年11月号(2015年10月17日発売)]

  • 第8回 Swift 2を待ちながら
    • Objective-Cを知らない子供たち
    • 実行しないを実行する―遅延評価
    • λはつらいよ
    • 次回は……

    2016年11月21日[初出:Software Design 2015年10月号(2015年9月18日発売)]

 

次のページへ

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

1969年生まれ,東京都出身。元ライブドア取締役の肩書きよりも,最近はPokemon GOのガチトレーナーのほうが有名になりつつある……かもしれない永遠のエンジニアオヤジ。

活躍の場はIT業界だけでなく,サブカルからアカデミックまで多方面にわたり,ネットからの情報発信は気の向くまま毎日毎秒! https://twitter.com/dankogai,ニコニコチャンネルは,http://ch.nicovideo.jp/dankogai,blogはhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

当社刊行書籍は『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『小飼弾のコードなエッセイ』など。他にも著書多数。