書いて覚えるSwift入門

第42回 恒例,Apple収穫祭

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

秋のiPhone祭り

本稿執筆現在は9月,⁠秋のiPhone祭り」の真っ只中。読者のみなさんに届くのはその翌月ですが,筆者はiPhone XSとApple Watch Series 4をちょうど受け取ったところです。9月というのはApple業界人にとってはおそらく最も忙しい月で,今年も図1)⁠

  • 9月14日:Special Event
  • 9月18日:iOS 12 & watchOS 5
  • 9月21日:iPhone XS,Apple Watch Series 4 and Xcode 10
  • 9月25日:macOS Mojave

という具合で原稿を書く暇はどこにあるのでしょうか😂。

図1 Special Event

図1 Special Event

今回はその9月をおさらいしつつ,Xcode 10とともに正式リリースされたSwift 4.2を見ていきます。

高イフォン,永イフォン

昨年のiPhone Xで,ついにiPhoneの値段は$1,000の大台に乗りました。後継機のXSも同様なうえ,ひとまわり大きなXS Maxに至っては,Mac bookに匹敵する高価格です。⁠iPhoneが高いのではなく日本がデフレ」という意見もSNSでは少なからず見受けられましたが,米ドルでも$1,000が大台であるのは同様で,実際iPhoneの平均価格は去年から急上昇していることが図2のグラフではっきりと見てとれます。

そしてその理由は,図3のグラフから読み取れます。

そう。4年前から頭打ちなのです。iPhoneだけではありません。スマートフォン全体の売り上げ台数が。人々がスマホに飽きたわけではありません。オンにもオフにも,仕事にも娯楽にも。無人島に持って行けるものが1つだけだとしたら,一番選ばれるのは間違いなくスマホです。しかしもう全人類に行き渡ってしまったのです。iOSデバイスだけで累計20億台。Androidも合わせれば,すでに1人に1台。

しかしスマホ以前のガラケーはもっと売れていたのです。最盛期のNokiaは1年ではなく1四半期に1億台以上の端末を売りました。しかし人々はガラケーを捨てスマホを求めました。そうさせるだけの魅力がスマホにあったから。だとしたら今のスマホを捨てさせるだけの魅力を持った新製品を出せ,というのが消費者と投資家に共通する欲求でしょう。

しかし,今秋Appleはついにその欲求にNoと言ったのです。さりげなく,しかし見間違えようなく。Special Eventで最もSpecialだったのは,XSでもSeries 4でもXRでもなく,環境担当VP,Lisa Jacksonのプレゼンテーションでしょう。彼女ははっきり言ったのです。⁠製品はなるべく永く使ってください」図4)⁠

図4 アップル環境担当VP,Lisa Jacksonによるプレゼンテーション

図4 アップル環境担当VP,Lisa Jacksonによるプレゼンテーション

これは陳腐化が前提のデジタルデバイス業界の自己否定にすら思えます。しかし他のハードウェア業界では常識です。乗用車を毎年買い換える人は稀ですし,事故でもない限り廃車にする人はまずいません。中古市場もリサイクル市場も成熟しています。新機種市場で最高額のiPhoneは,中古市場でも最高値で,新品が割高でもライフサイクルコストで見れば割安であるがゆえに売れるという点は,海外における日本車に通じるものがあります。

しかし乗用車と決定的に異なる点が1つあります。スマホはソフトウェアで若返らせることができるのです。いみじくもiOS 12がそれを証明しました。五年前のiPhone 5sもはっきり体感できるほど速くなったのですから。しかしそのためには最新のソフトウェアを受け止められるだけの余裕を持ったハードウェアが必要で,iOSでは64 bit CPUというのが分水嶺になっています。そしてA12 bionicの69億トランジスタというのは,iMac Pro用の18コアXeonに匹敵します。既存のソフトウェアには早すぎるハードウェアを用意し,ソフトウェアが追いついてくるのを待つ。これぞ深慮遠謀というものではないでしょうか。

そう,ソフトウェア。ハードウェアが成熟産業となった今,ITで革新を担うのはソフトウェアなのです。その意味において,ソフトウェアにとってのSwiftは,ハードウェアにとっての64 bit CPUに比肩するターニングポイントではありますまいか。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

1969年生まれ,東京都出身。元ライブドア取締役の肩書きよりも,最近はPokemon GOのガチトレーナーのほうが有名になりつつある……かもしれない永遠のエンジニアオヤジ。

活躍の場はIT業界だけでなく,サブカルからアカデミックまで多方面にわたり,ネットからの情報発信は気の向くまま毎日毎秒! https://twitter.com/dankogai,ニコニコチャンネルは,http://ch.nicovideo.jp/dankogai,blogはhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

当社刊行書籍は『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『小飼弾のコードなエッセイ』など。他にも著書多数。

コメント

コメントの記入