Android Weekly Topics

2017年10月第2週 Googleが魅力的なガジェットを多数発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

実り多き秋,Googleが魅力的なガジェットを多数発表

Googleが2017年10月4日に開催したイベントで,最新版のPixelシリーズやスマートスピーカ,スマートイヤフォンなどを発表しました。合計で6カテゴリのガジェットが発表されて,ハードウェア企業かと思わせるような内容でした。

発表された製品の多くが生活をより豊かに,そして,快適にするスマートデバイスで実り多き秋の言葉にピッタリな発表会でした。では,順に見ていきます。

Pixel 2 / Pixel 2 XL

Google純正スマートフォンの最新版,⁠Pixel 2」「Pixel 2 XL」が発表されました。

HTCの開発チームを買収してまで滞りなくローンチさせたので,Googleの力の入れ具合がよくわかる端末です。

Pixel 2は,前作の改良版と言える良い端末で,裏面の上部25%程度はメインカラーとは異なる配色と「G」マークだけのデザインは前作からの引き継ぎです。カメラ性能も前作から引き継がれて,DxOMark MobileのスコアがPixel 2/ Pixel 2 XLともに,98点の評価を得ており,世界最高のカメラが搭載されたスマホになっています。奇妙なネーミングも引き継がれており,新作は「Just Black」⁠⁠Clearly White」⁠⁠Kinda Blue」となっています。

唯一,引き継がれなかっのはイヤフォンジャックで,iPhoneに従えの悪い習慣で排除されました。

価格は,Pixel 2が649USドル~,Pixel 2 XLは849USドル~です。

前作同様にGoogleの販売戦略から,日本が抜けているのか国内販売はありません。アプリ開発に使えるリファレンス端末がNexus 5X / Nexus 6Pと旧世代のモデルで止まっているので,開発者をサポートする意味でもなんらか策が欲しいところです。

Google Home / Mini / Max

Google Homeは,昨年末に米国で発売された標準モデルに加えてMiniとMaxが追加されました。標準モデルの価格は14,000円(税別)で,国内販売が開始されました。

Miniは,標準モデルが小型化されたものでドーナッツ程度の大きさです。小型化されていますが,性能は標準モデルと変わりません。価格は6,000円(税別)で,国内販売は10月23日に開始されます。

Maxは,オーディオ品質にこだわった大型モデルで,空間に合わせて音響を自動調整する機能を備えています。標準モデルは音楽を楽しむには力不足なので,音質にこだわるモデルの追加は歓迎です。Maxの価格は399USドルで12月の発売予定です。残念ながら日本国内発売は予定されていません。

Pixel Buds

Pixel Budsは,Googleアシスタントと連携するBluetoothイヤフォンです。

ヘッドフォン部分にコントローラが搭載されておりスワイプやタップで操作できます。日本語を含む40カ国語をリアルタイム翻訳する機能やカレンダーの予定や着信メッセージを聞く機能を搭載しています。

Pixel Budsの再生時間は5時間です。ケースで充電ができて最大24時間まで再生できます。ただ,対応スマートフォンがPixel 2のみで,アメリカ,カナダ,イギリス,ドイツ,オーストラリア,シンガポールでの発売で価格が159USドルです。日本は,販売対象国に含まれていません。

Pixel Budsは,AirPods対抗と噂されていましたが,完全分離型ではなく左右がケーブルで接続されたイヤフォンで見た目のインパクトはAirPodsに譲ります。しかし,Googleアシスタントと連携して,40ヵ国語を翻訳する機能があってAirPodsにはない魅力を持ちます。

Google Clips

Google Clipsは,Narrative Clipをはじめ,ひところのKickstarterでよく見かけた手のひらサイズのカメラです。

Google Clipsは置いておくだけで撮影できて,ベストショットはAIが自動判断して保存します。カメラのイメージセンサーは1,200万画素で130度の広角で撮影でき,撮影速度は15fps,連続撮影は3時間です。ストレージ容量は16GBで,撮影データはWi-Fi経由でスマートフォンに転送できます。価格は249USドルで米国内のみの発売です。

Daydream View 2017年モデル

2016年に発売されたDaydream Viewの改良版です。

ファブリックを使った外装は変わりありませんが,視野角が10度広がりました。また,Galaxy S8やGalaxy Note 8,ZenFone ARなど,Pixel以外でも使えるようになりました。

価格は,旧モデルより20USドル高く,99USドルです。アメリカでは販売が開始されており,国内販売も予定されています。

Pixelbook

Chromebookのリファレンス機とも呼べるハイエンド端末です。

12.3インチで360度回転するディスプレを備えており,重さは1.1kgです。キーボードにGoogleアシスト専用キーが用意されており音声アシスタントを簡単に呼び出せます。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入