Android Weekly Topics

2019年1月第1週 Essential Phoneの販売が終了に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

新年,あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて,2019年の初回稿になりますが,いきなり終わりに関わるニュースをピックアップします。

Essential Phoneの販売が終了に

アンディー・ルービン氏が開発に携わったことで話題となった,Essential社のEssential Phone(PH-1)の販売が終了になりました。公式サイトでは「Out of Stock」の表示,他のECサイトや小売店でも在庫限りの販売です。

アクセサリの販売は引き続き行われていますが,360°カメラは49USドル,Earphones HDも49USドルに値下げ,Audio Adapter HDはOut of Stockの表示なので,これらも在庫処分が行われている雰囲気を感じます。なお,端末サポートやソフトウェアアップデートは引き続き行うとアナウンスがされています。

Essential社のスマートフォンが,これで終了するワケではありません。

新製品の開発に取り組んでいることを明らかにしているので,2月末にバルセロナで開催されるMWC19で何らかの発表があるのかもしれません。

今回は,Essential Phoneがどんな端末だったかをふり返ります。

特徴が多かったEssential Phone

Essential Phoneと言えば,最初にノッチを搭載した端末と言われますが,ディスプレイの専有率を高めた端末の走りでもあります。ノッチはこれを実現するための手段でしかありません。ディスプレイの占有率を高めたインパクトは大きくて,今となっては,ディスプレイ占有率が90%を超える端末を多く見かけるようになりました。たとえば,Lenovo Z5 Proは,ディスプレイ占有率が95.06%にもなり,世界で最もディスプレイ占有率の高いスマートフォンと言われています。ちなみに,Essential Phoneのディスプレイ占有率は84.4%で極めて平凡な数字です。

マグネットコネクタも特徴的です。

これはマグネットを利用して端末の背面にアクセサリを固定でき,コネクタから電源を供給します。端末背面にカバーのように被せたり,端末の一部を取り外して交換するタイプではないので,アクセサリ交換が気軽にできるのが特徴としていました。Essential社は,自信を持っており新たなエコシステムを構築すると期待していましたが,サードベンダからアクセサリが登場することはありませんでした。純正アクセサリも360°カメラとAudio Adapter HDにとどまっています。

Essential Phoneは背面カメラの出っ張りがなく,ディスプレイのベゼルの細さも際だっています。こうした特徴を活かした端末デザインは,星の数ほどあるの端末の中でも眩しく光る存在です。また,端末は背面パネルがセラミック,フレームがチタンと固い素材が使われています。これは,落下時のダメージを最小限に留めるだけでなく,傷が付きづらくもなるのでケースなしで使って端末のデザインを魅せる意味も込められています。

ノッチとディスプレイ占有率の拡大は,あとに続く端末へ影響を与えてiPhoneまでがフォロワーになっているほどです。これが無ければ,フロントカメラがせり出てくるOPPO Find Xも無かったかもしれません。マグネットコネクタは,先にトライをしていたLGやMotorolaの端末にあったネガティブな部分をつぶしていましたが,先のメーカー同様に広がりを見せることはなく,オールインワンが求められていることを自ら証明しました。

技適を取得してながら……

発売当初からFOMAプラスエリアに対応しており,日本国内への投入が噂されていました。

また,2018年3月,Android 8.1 Oreoにアップデートされたタイミングで,技適マークが表示されるようになり,しばらくの間は,国内で唯一Android 8.1 Oreoを公式に使える端末でした。国内販売開始は,これから半年以上先,いま考えればモデル末期の2018年9月に,IIJmioと楽天モバイルが取り扱いを開始して,ようやく気軽に購入できるようになりました。取り扱い開始から半年足らずで販売終了となったので,ようやく手にしたユーザーは不運です。

Essential Phoneは,バージョンアップを重ねるたびに評価を上げていきましたが,出だしのつまずきがすべてを決めました。安定して使える頃には,世代の古い端末となってしまい惜しい存在でした。新製品の開発に取り組んでいるので,現世代で得られた経験を活かした,新たなマスターピースが登場することを期待したいと思います。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入