一般記事

働き方を変えたければ,新しい施策を乱発する前に,時代遅れの仕事や慣習をやめませんか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「働き方改革」が,だれも得しない独りよがりなお祭り騒ぎに?

私は,2016年に『職場の問題地図』を刊行してから,すでに200を超える企業・自治体・官公庁で働き方や生産性についてアドバイスをしてきたのですが,そのなかでよく耳にしたのが「働き方改革をしようとして,逆に無駄な仕事が増えた」という声でした。残業を減らすためにオフィスにドローンを巡回させるというニュースが話題になりましたが,だれも得しない。このように働く人たちのモチベーションを下げるだけの,ひとりよがりな施策がお祭り騒ぎのように展開されている職場も少なくありません。

一方で,自分たちが正しくラクして得する形で,中から変わっていける組織には共通点がありました。それは,今までの⁠あたりまえ⁠を疑って,不要な慣習や制度をなくしたり,変えたりしていることです。決して,新しいことをわざわざやるわけではない。

「働き方改革,ちょっと待てよ」と。今,⁠常識⁠としてやらされている仕事や慣習を,⁠本当に時代にあっているのか?」と一度考えるようなきっかけを創ったほうがいいのではないかと思ったんです。

今の時代に合わない制度や慣習の“妖怪退治”

最近,大企業の転勤制度が話題になりました。転勤制度については賛否両論がありますが,⁠ダイバーシティ」⁠男女共同参画」⁠女性活躍推進」さらには「終身雇用崩壊」と言われているなかで,はたして,従来どおりの転勤制度を,従業員に拒否権や選択権もないままに運用し続けることがいいといえるのか?

転勤制度が悪いわけではありません。しかしながら,時代遅れになっている可能性もある。ゆえに,一度立ち止まって,社会の情勢や社員のライフスタイルの変化にあわせて変える必要がないか,思考してみる必要はあります。

  • 「いま時代にあっているんだっけ?」
  • 「当社のビジネスモデルで,いまそれ必要だっけ?」
  • 「社内のファンを遠ざけていないっけ?」

いまの状態はだれも幸せになっていないのではないか? 組織の独りよがりになっていないか? と。このような,ヘルシーなアップデートが必要です。

どんな仕事も,生まれた当初は合理性があったのでしょう。しかし,時代の変化のなかで,気がつけばそれが悪気なく生産性やモチベーション,さらには社内外のビジネスパートナーとのコラボレーションの足かせになっていることも。⁠あたりまえ」とされているけど,じつは今はもう必要がない制度や慣習の⁠妖怪退治⁠を正しくしていってほしいのです。

「なぜ童話?」累計23万部突破の問題地図シリーズの成功体験とは

そのような想いをきっかけに執筆したのが,仕事ごっこです。この大きな特徴として,各章の冒頭に童話風の物語を入れているのですが,その理由は2つあります。

画像

1つめは,現在累計23万部を突破している問題地図シリーズの成功体験に裏打ちされているのですが,⁠堅苦しい本をわざわざ読む人が減っている」実感があるからです。音声や動画メディアの影響も大きいと思いますが,忙しいなか,難しい本を読む人は残念ながらそんなに多くはないなと。問題地図シリーズは,日頃本を読まない方が「これならわかりやすい」と興味を持って読んでくださった,あるいは職場で広げて「ここから改善していきたい」と上司や同僚に働きかけて実際に改善が起こった,などの評価を多数いただいています。本を読むハードルをさらに下げられないか? そう思い,⁠ラクに読める本の原点は?」と考えた結果,⁠童話」⁠絵本」にたどりつきました。⁠仕事ごっこ』という遊びごころのあるタイトルにしたのも,親しみやすさを出したかったからです。

2つめは,職場のリアルなやりとりをダイレクトにリアルに書いてしまうと,良くも悪くもトゲが出てしまうからです。最近,物事を擬人化することで問題を嫌味なく伝える手法が脚光を浴びていますが,同様に,童話の主人公にあてはめていたり,上司と部下を動物に置き換えることで,プププと笑いながら,アンヘルシーな現状をヘルシーな方向にもっていけるのではないかと。問題地図シリーズと伝え方を変えたかったのも理由の1つです。

「いつかは童話を書いてみたい」という気持ちもありました。島田ゆかさんの「バムとケロ」のシリーズが好きで,一時期は家のカレンダーも「バムとケロ」にしていました。

ちなみに,今回の作品『仕事ごっこ』で私が一番気に入っているのは,第5話の「オフィス戦団ビジキュアの憂鬱」です。私は1975年(昭和50年)生まれ。世代的にもヒーローものが好きです。この設定単独でのストーリーも構想していて,出版はもちろん,実写化やアニメ化などもできたら楽しいですね。企業内あるいは労働組合のイベントなどで,実演してもおもしろいかも!? どこかの放送局/プロダクションさん,いっしょにやりませんか? 私,喜んで脚本書きます(笑)⁠

景色を変えないと,本当の問題を言語化しにくい

童話にしたことで伝えたかったのは,⁠景色を変えてください」ということです。

「働き方改革」と堅苦しく言っても,なかなか本当の問題が言語化しにくかったりします。⁠新しい制度を作るよりも,いまあるムダをやめるほうがラクだし,より確実に成果が出る」発想は,なんとなく実感はあったとしても,普段の職場の景色では,なかなか本音で言えないと思うのです。たとえば,9時~5時の勤務時間の中で,堅苦しいオフィスにこもっていて,新しい商品のアイデアが出るのかと。だったら,普段着で外に出て,山の中でワイガヤしたほうが効果が出るのではないでしょうか。

実際,⁠業務合宿」のようなスタイルで,中長期的な経営方針やサービス企画をリゾート施設で集中検討する会社もあります。今回の本のテーマでもあるコラボレーション,コミュニケーションについても,書籍や講演などでいつも「手を変え,品を変え」とお伝えしていますが,分析的な発想で臨むより,エンタメのような要素を取り入れたほうが,自由な発想や意見が生まれやすいことは多々あります。この本をきっかけに,いつもの職場の景色を変えていってほしいと思います。

著者プロフィール

沢渡あまね(さわたりあまね)

1975年生まれ。あまねキャリア工房代表。株式会社なないろのはな取締役。業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。
日産自動車,NTTデータ,大手製薬会社などを経て,2014年秋より現業(経験職種は情報システム,ネットワークソリューション事業部,広報など)。複数の企業で働き方改革,組織活性,インターナルコミュニケーション活性の企画運営支援・講演・執筆などを行う。NTTデータでは,ITサービスマネージャーとして社内外のサービスデスクやヘルプデスクの立ち上げ・運用・改善やビジネスプロセスアウトソーシングも手がける。
著書に『職場の問題地図』『仕事の問題地図』『働き方の問題地図』『システムの問題地図』『マネージャーの問題地図』『職場の問題かるた』(技術評論社),『チームの生産性をあげる。』(ダイヤモンド社),『新人ガールITIL使って業務プロセス改善します!』『運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本』(C&R研究所)などがある。趣味はダムめぐり。

ホームページ:http://amane-career.com/
Twitter:@amane_sawatari
Facebook:https://www.facebook.com/amane.sawatari
メール:info@amane-career.com

バックナンバー

2019

  • 働き方を変えたければ,新しい施策を乱発する前に,時代遅れの仕事や慣習をやめませんか?