新春特別企画

LibreOfficeの2018年振り返りと2019年

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新年あけましておめでとうございます。

今回はオープンソースのオフィススイートであるLibreOfficeにしぼって昨年あった象徴的な出来事を,特に新機能に関することを中心にいくつか紹介します。LibreOfficeの魅力はなんといってもその巨大なコミュニティで,開発力も相当なものであることが理解していただけるはずです。

注意
本稿で記述している日付はJSTであったりUTCであったり,はたまたほかのタイムゾーンであったりするため,最大で1日程度の差があることをご了承ください。また多数リンクがありますが,中にはご覧になっている時点でリンク切れのものもありえます。こちらもあらかじめご了承ください。

2018年のLibreOffice

リリース状況

LibreOfficeは昨年もたくさんのリリースが行われました。以下が一覧です。開発版は含んでおらず,あくまでリリース版のみです。

リリース日 バージョン
1月31日 6.0.0
2月9日 6.0.1
2月9日 5.4.5
3月1日 6.0.2
3月22日 5.4.6
4月5日 6.0.3
5月9日 6.0.4
5月17日 5.4.7
6月22日 6.0.5
8月2日 6.0.6
8月8日 6.1.0
9月13日 6.1.1
9月27日 6.1.2
11月5日 6.1.3
11月5日 6.0.7
12月18日 6.1.4

このように昨年と同じく16回のリリースが行われました。ちなみに6.0.7は11月26日にサポートが切れています※1)⁠

※1
ただし,このサポート切れはThe Document Foundationが提供しているバイナリを使用している場合であり,Linuxディストリビューションなどで提供されているバイナリはこの限りではありません。具体的にはUbuntu 18.04 LTSのLibreOfficeは6.0.7までアップデートされ,その後2023年4月までサポートが継続します。

LibreOffice 6.0のリリースと新機能

昨年の大きなトピックは,LibreOffice 6.0がリリースされたことでしょうリリースノート)⁠5.0がリリースされたのが2015年8月5日なので,約2年半ぶりのバージョンアップになりました。とはいえLibreOfficeはタイムベースリリースであり,バージョニングはマーケティングの都合によって決定されています。

LibreOffice 6.0は正直なところ,バージョニングに見合う大きな変更点はないといっていいでしょう。そのぶん6.0(あるいはその前)の段階で開発中だった機能が6.1や6.2など,その後のバージョンで有効になるケースが見受けられました。これは過去にはない動向です。

具体的には次のような新機能が該当します。

  1. WriterのEPUBエクスポート機能(6.1)
  2. Calcのマルチスレッドサポート(6.1)
  3. BaseのバックエンドデータベースをFirebirdに変更(6.1)
  4. Baseのデータベースを従来のHSQLDBからFirebirdに移行する機能(6.2)
  5. ユーザーインターフェースの変更機能(6.2)

括弧内の数字は,実際に有効になったLibreOfficeのバージョンです。もちろん6.2はまだリリースされていないので,あくまで予定です。

充分に安定したという合意が得られないと機能を有効にしない※2)⁠有効にしない場合でも次のバージョンは半年後にリリースされるので再検証する,という柔軟性は充分なテスターがいることを示し,プロジェクトがうまく回っているひとつの証左かと思います。

※2
「有効にしない」とは,当該の機能を実験的機能として実装しているため,⁠ツール」⁠-⁠オプション」⁠-⁠LibreOffice」⁠-⁠詳細」⁠-⁠実験的な機能を有効にする(不安定な可能性あり)⁠にチェックを入れて再起動しない限り有効にならないことを指します。

なお,1.の詳細に関して興味がある場合はUbuntu Weekly Recipeの「第534回 LibreOffice 6.1 WriterのEPUBエクスポート機能を使用する」を,2.に関しては筆者のブログ記事をご覧ください。

Qt/KDE5サポート

LibreOfficeはマルチプラットホームなアプリケーションですが,GUIのルック&フィールは各プラットフォームに合わせるべきです。とはいえ各プラットフォームごとに専用のルック&フィールを提供するウィジェットを用意すると大変です。そこでLibreOffice(とそのフォーク元であるApache OpenOffice,さらに前身のOpenOffice.org)ではVisual Class Library (VCL)というライブラリで抽象化し,プラグインとして実装しています※3)⁠

※3
SAL_USE_VCLPLUGINという環境変数に使用したいVCLプラグインを指定し,LibreOfficeを起動します。現在使用しているVCLプラグインは,⁠ヘルプ」⁠-⁠LibreOfficeについて」「VCL」の項目を見るとわかります。

例として,図1はUbuntu 18.04 LTSで起動したLibreOffice 6.2.0の開発版(RC1相当)ですが,デフォルトでGTK+3のVCLプラグインを読み込んでいます。これを環境変数でどのプラットフォーム(デスクトップ環境)でもないVCLプラグインに切り替えると,図2になります。各プラットフォームに合わせる重要性がよくわかります。

図1 Ubuntu 18.04 LTSでLibreOffice 6.2.0(開発版)を起動したところ

画像

図2 Ubuntu 18.04 LTSで何にも該当しないVCLプラグインを読み込んでLibreOffice 6.2.0(開発版)を起動したところ。ファイルダイアログもLibreOfficeで用意しているものになる

画像

本題ですが,LibreOfficeにおいてGTK+サポートは充分に行き届いているものの,KDEサポートは充実しているとは言い難い状況でした。LibreOffice 6.0まではKDE4のみのサポートで,Qt/KDE4はすでに公式なサポートは終了しているものの,Qt/KDE5のサポートは依然開発中でした。なおQt/KDE4とは異なりQt/KDE5はQt5とKDE5という別々のVCLプラグインとして用意されており,前者はUnix系OSでなくても利用できるように開発されています。

そんな中,6.1からほぼGTK+3をベースにファイルダイアログのみKDE5というVCLプラグインが開発されました図3)⁠ルック&フィールはほかのKDE5アプリケーションとは乖離があるものの,日本語の入力もGTK+3によるものになるという副次的な効果もあり,KDE5サポートが完成するまでの暫定対応としては悪くないと考えていました。

図3 Kubuntu 18.04 LTSでダイアログのみKDE5,そのほかはGTK+3のVCLプラグインを読み込んでLibreOffice 6.2.0(開発版)を起動したところ。なおこのVCLプラグインは少なくとも6.2のTDFオフィシャルパッケージではビルドされておらず,このスクリーンショットは筆者の独自ビルドによる

画像

ところが6.2からは,Qt5とKDE5の両方のVCLプラグインがデフォルトでビルドされるようになりました図4図5※4)⁠図6はKDEでGTK+3プラグインを有効にしたスクリーンショットです。比較してみてください。

※4
UbuntuほかUnixライクなプラットフォームでQt5のプラグインを有効にして起動すると文字化けが発生するため,SAL_VCL_QT5_USE_CAIROという環境変数を設定しています。

図4 Kubuntu 18.04 LTSでQt5のVCLプラグインを読み込んでLibreOffice 6.2.0(開発版)を起動したところ

画像

図5 Kubuntu 18.04 LTSでKDE5のVCLプラグインを読み込んでLibreOffice 6.2.0(開発版)を起動したところ

画像

図6 Kubuntu 18.04 LTSでGTK+3のVCLプラグインを読み込んでLibreOffice 6.2.0(開発版)を起動したところ

画像

Qt/KDE5サポートは,もともとミュンヘン市※5のJan-Marek Glogowskiさんによって進められていましたが,LibreOfficeサポート企業のCIBも開発に参加したことにより,実用段階に達したと判断されたのでしょう。とはいえ残念ながら日本語が入力できないという問題が報告されています。その後Qt5のVCLプラグインで入力する機能が実装されましたが図7)⁠コミットログにもあるとおり初期段階で,さらなる開発が待たれます。

※5
ミュンヘン市はUbuntuベースでデスクトップ環境にKDEを採用したLiMuxというLinuxディストリビューションを開発しています。もちろんLibreOfficeも採用しているため,Qt/KDE5サポートを実装したのでしょう。なお昨年の記事にもあるように,Windowsに戻るという決断をしています。

図7 LibreOffice 6.2.0の開発版でVCLプラグインをQt5にし,日本語を入力しているところ。文節の区切りが表示できておらず,違和感がある

画像

例としてQt/KDE5のVCLプラグインを取り上げましたが,ほかにもWriterの変更履歴保存機能やヘルプなど,いままであまり手が加えられてこなかった部分に関して大がかりな変更が継続して加えられています。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。

バックナンバー

新春特別企画

  • LibreOfficeの2018年振り返りと2019年

バックナンバー一覧