新春特別企画

エッジコンピューティングの継続的イノベーションがサグラダファミリアにもたらしたもの

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

国内でも2020年から本格的な普及が見込まれている次世代モバイル通信技術の5Gは,AIやIoTといった周辺技術の発展とも大きく関わってきますが,その相関関係においてもっとも重要となるコンセプトが「低レイテンシ」です。⁠もっと速くつながりたい」というユーザサイドの要求はいつの時代も存在してきましたが,5Gの普及によりその要求はさらに加速されることになるでしょう。

そして5Gとともに,低レイテンシのニーズに応える存在として注目されている技術がエッジコンピューティングです。エッジコンピューティングという言葉は2017年ごろからメディアなどでもでも取り上げられる機会が増えてきましたが,これはオンプレミスへの回帰ではなく,クラウドと補完関係にありながら,現場のエッジデバイスの処理能力をハード/ソフトともに高めていくことで,ニアリアルタイムを実現しようとしている点が特徴です。

2019年に一気に裾野が拡がった感のあるエッジコンピューティングですが,その一方でエッジコンピューティングという言葉が生まれる前からそのコアとなる概念を取り入れ,現在もなお世界に類を見ない規模でエッジよるデジタルトランスフォーメーションを推進している巨大プロジェクトが存在します。かのアントニオ・ガウディが設計し,1882年に着工,現在も工事が続いているスペイン・バルセロナの世界遺産「サグラダファミリア(Sagrada Familia⁠⁠」がそれです。21世紀に入るまでは「完成までに300年はかかる」と言われていたこの巨大な教会は,現在はガウディの没後100年にあたる2026年に完成が予定されており,このまま順調に進めば予定の約半分となる144年で工期が終了することになります。

300年とされていた建設期間を約半分にまで短縮できた背景には,数多くのテクノロジの存在が挙げられますが,本稿ではその中でもとくに大きな原動力となったエッジコンピューティングを取り上げ,2020年になりさらに重要度を増すと思われるテクノロジの「使いどころ」に焦点を当てます。

またあわせて,その導入を指揮したサグラダファミリア建設プロジェクトのテクノロジ担当ディレクター(Directo de Edification y Technologia, Basilica de la Sagrada Familia)であるフェルナンド・ヴィラ(Fernando Villa)氏のリーダーシップについて,2019年10月にバルセロナで開催されたSchneider Electric主催のプライベートカンファレンス「Innovation Forum 2019」での取材(※)をもとにご紹介します。

※)
「Innovation Forum 2019」で行われたSchneiderによるエッジコンピューティングに関するセッションにゲスト登壇したヴィラ氏のプレゼンテーションをベースにしています。

サグラダファミリア建設プロジェクト テクノロジ担当ディレクター フェルナンド・ヴィラ(Fernando Villa)

サグラダファミリア建設プロジェクト テクノロジ担当ディレクター フェルナンド・ヴィラ(Fernando Villa)氏

コストセンターから「建設を加速する基盤」

世界で最も人気のある工事現場―140年近く工事が続くサグラダファミリアはときどきこう呼ばれています。2005年にユネスコの世界遺産に登録されたこの教会には世界中から毎年,450万人を超える観光客が訪れており,その数は増加の一途をたどっています。また,サグラダファミリアはカトリックにおける現役の贖罪教会でもあり,2010年には当時のローマ教皇であるベネディクト16世が訪問,宗教的特権を付与されたバシリカとして認定されています。

日々,万単位で訪れる観光客を迎え入れ,なおかつ現役のバシリカとして宗教的役割を果たしつつも,2026年の完成を目指して工事を続行する―ヴィラ氏はこの難しいシチュエーションをテクノロジサイドから支援するCIO的な統括責任者として2013年6月に現職に就任しました。サグラダファミリアが2026年の完成予定を発表したのはヴィラ氏が就任する数ヵ月前のことですが,同氏に課せられたミッションは「イノベーションとサステナビリティの両立⁠⁠,つまり2026年のサグラダファミリア完成という大きなゴールを目指しながらも,観光地や宗教施設としての役割を継続的に果たすためにITサイドから支援すること―とくに建設資金に大きく関わってくる観光客の満足度(カスタマーエクスペリエンス)は決して落としていけないという,非常に難易度の高いチャレンジでした。

2010年から公開されている礼拝堂の内部。ガウディは柱を樹木からイメージしてこの礼拝堂を設計し,VRやCADなどの登場で完成に至る。⁠ガウディのデザインは100年以上経っても決して古びることはない」とヴィラ氏。むしろ100年以上経ってテクノロジがようやくガウディの思想に追いついたといえる

2010年から公開されている礼拝堂の内部。ガウディは柱を樹木からイメージしてこの礼拝堂を設計し,VRやCADなどの登場で完成に至る。「ガウディのデザインは100年以上経っても決して古びることはない」とヴィラ氏。むしろ100年以上経ってテクノロジがようやくガウディの思想に追いついたといえる

この課題に取り組むため,ヴィラ氏は就任直後に以下の5つをITチームの戦略として掲げています。

  1. 信頼性の高い,セキュアなインフラストラクチャを提供する
  2. キーとなるプロセスのデジタライゼーションを進め,効率性を高める
  3. 採用するテクノロジについて,プロジェクト関係者にその根拠と重要性を提示する
  4. テクノロジの標準化を推進し,テクノロジによる成長を安定させる
  5. 互いの成長を促進する戦略的パートナーを,スタートアップや大学からエンタープライズまで視野に入れて選択する

ヴィラ氏がまず配下となるチームメンバーに対してITのミッションを明確に示したのは理由があります。同氏が就任するまで,サグラダファミリア建設プロジェクトにおけるITの存在は単なるコストセンターでしかなく,ITが価値を生み出す存在―サグラダファミリアの建設をスピードアップし,観光客の満足度を高める存在になるなど,ITチームのメンバーですら考えていませんでした。ITによるイノベーションが可能であることをプロジェクトチームに知らしめるには,まずITチーム自身がつねにビジネスに価値をもたらすことを意識して行動する必要がある―ヴィラ氏はITチームメンバーが心得るべき基本原則を5つの戦略というかたちに落とし込み,それを共有することからプロジェクトの刷新をはじめたのです。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧