gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » [改訂新版]Emacs実践入門──思考を直感的にコード化し、開発を加速する

書籍紹介

[改訂新版]Emacs実践入門──思考を直感的にコード化し、開発を加速する

[表紙][改訂新版]Emacs実践入門──思考を直感的にコード化し、開発を加速する

2017年9月22日発売

大竹智也 著

A5判/264ページ

定価(本体2,580円+税)

ISBN 978-4-7741-9235-2

  • 本書のサポートページ

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

この本の概要

2012年に刊行された『Emacs実践入門』の改訂版です。初版の発行から5年が経過し,Emacsにはさまざまな進化がありました。本書ではそれらに対応するべく,解説の全面見直しを行いました。Emacsの最新バーションに対応するほか,現在の開発現場で使われている拡張機能にも変化が現れているので,新登場した拡張機能に対する解説の追加も行っています。そのほかの部分も解説を見直し,適宜加筆/修正を行っています。

こんな方におすすめ

  • これからEmacsを使いたいと考えている方
  • さらにEmacsを使いこなしたいと考えている方

著者プロフィール

大竹智也(おおたけともや)

1983年生まれ。起業家,及びフロントエンドからバックエンドまで幅広くカバーするWebエンジニア。兵庫県立明石高等学校卒業後,フリーターとして働きながら独学でWeb技術を習得する。2010年にオンライン英会話「ラングリッチ」を起業。2015年に「EnglishCentral」への売却を果たす。著書に本書のほかに『Atom実践入門』があり,エディタ本による三冠王を目指している。

コメント